〈87〉4月29日セミナーに参加して (K .T)さん拝

 先日は、セミナーに参加させていただき、ありがとうございました。スタッフの皆さんや多くの方に、久しぶりに会うことが出き、声をかけて頂き、大変嬉しかったです。
 懐かしい方々共に、学ぶことが出来て、楽しいひと時でした。新しい光のビデオと光の写真には、驚きの連続でした。今まで見たこともない、色彩の鮮やかさ、美しさ、その場の楽しさが伝わってきました。まるで、メルヘンの世界に皆さんが居るようでした。光の源よりの地球を光と化す、今まで公表されたメッセージを、これでもかこれでもかと立証として実在で、見せられただただ、驚くばかりでした。畏れ多くて、それでいて、懐かしさに今日来れたこと、この地球の大飛躍を、目の当たりにする機会をいただけたことに、涙がこぼれました。すばらしき仲間の音楽が流れ出すと、自然と「光の剣を共に抜き 地球浄化の礎−と」共に詩が出てきて、涙が止まりませんでした。
 幼子の心、白紙の心で、知抄の光と共に進みます。ありがとうございました。 

2013年5月7日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈86〉4月29日セミナーに参加して (T .K )さん拝

 4月29日セミナーにおいて、たくさんの貴重なビデオと写真を公開して下さり、ありがとうございます。光となった地球、人間は、本来光そのものであることを、誰の目にも判るように、見せて頂きました。
 本当に今迄の22年の歩みが、本当の本当であったこと、よく判りました。このことをしっかりと受け止め、確信を深めて、知抄の光と共に歩みます。
 そして、吾が魂の奥に降臨されている、救い主 知抄の光に全てを委ね、光の河を共に渡って行きます。

2013年5月1日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈85〉4月29日セミナーに参加して (T .K )さん拝

 今日は、ルネサンスのお教室ありがとうございました。こうして、お教室に参加させて頂くと、4月29日のセミナー以降、また、地球が変わったことが本当によく判ります。強く焼き尽くされるような光から、透明な純粋度が増した光に、変わったように思いました。そして、その知抄の光が、乾いた土に水がしみ込むように、一つひとつの細胞に、染み渡っていくようでした。
 セミナーに共に参加した父は、毎朝、起きるたびに顔色が良くなり、生命エネルギーが増しているように思えます。本人も、ワクワクした気持ちで、ずっと居るようです。本当にありがとうございます。
 家族がセミナーに、参加させて頂いたことで、波動が同じ人々はもちろんのこと、一族郎党、何か大きく光へと引き上げて、頂いたことが判りました。私たちが今まで幾世層かけて、作ってきた既成概念、そして、背負ってきた負の遺産を、一つずつこうしてまた、ひとつずつ、光に変えて下さっていることを実感致しました。自分事も捨て、既成概念も捨て、知抄の光にすべて委ね、光だけ見て行きます。

2013年5月1日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈84〉4月29日セミナーに参加して (M .N )さん拝

 今回のセミナーは、実在の光が全てにおいて、指揮を取られているように強く感じました。人間の言葉では、到底表現出来ません。
  三次元の光でない黒き人間を、救い主 知抄の光の威力と恩恵で、一瞬で光へと引き上げ、光に同化していることに、ただただ畏れ多さと、自分の感謝の薄さを恥じ入ります。
 今後、教室へ入室させて頂く時は、実在の光に失礼にならぬよう、すべてに感謝と喜びを深めて学びます。そして光の地球に適応出来るよう、自分の存亡をかけて、学んだことを実践し、研鑽して行きます。
 ビデオ放映中、舞台の左側の司会席に立っていらしたお二人が、金色に輝いて発光しており、女神様のように美しく、〈光人〉のお姿に感動しました。
 光を求め集い来た、熱き思いの魂と共に学び、皆んなの喜びの満ち満ちた表情に、嬉しさと感謝が増します。

2013年4月30日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈83〉4月29日セミナーに参加して (N .K )さん拝

 今回の〈新しい地球を歩もう〉セミナー開催は、タイトル通り、まさに新しい地球を見せて頂き、知抄の光の威力を体感させて頂いた、貴重な貴重な内容でした。本当に本当にありがとうございます −としか言いようがございません。
 舞台上で、光の子が、光人として、お話されると、天から聞こえてくるような、今迄より、更に力強く、又清らかな、そして、お一人の声とは思えないような、魂に響く、この世のものとは思えないお声でした。
 本当にものすごい、知抄の光の威力を、実在として感じたビデオも、静謐の中、柔らかい、温かい波動で、朱の色、黄金の色が、本当に、三次元の地球で、今迄、この目で見たこともない美しさでした。これが本当に黄金の色なのだと思い〈本物だけが放てる光〉に、頭を下げるだけでした。今も思い出すだけで、感謝が湧き、知抄の光と共に歩む、熱き思いが沸き立ちます。〈光そのもの〉になります。

2013年4月30日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈82〉4月29日セミナーに参加して (N .H )さん拝

 大きな愛をありがとうございます。地球が光化しているビデオを公開して頂き、驚愕の事実を前にして、瞬間、一呼吸を自らの存亡をかけて、光を求めるか、肉体次元に留まるか、真実の刃を突きつけられました。
 今迄、多くの奇跡を目の前で見聞し、光の写真展も開催して頂きました。知抄著作のご本に接して来て、地球存亡、自らの存亡を掛け、今こそ自由意思での決断を、迫られたように感じました。
 今日のセミナーの内容は、今迄もそうでしたが、
〈時、正に来たれり〉の世紀の大スクープ でした。
そして、私が今をもって、生まれ変わるのを認識できたように思いました。

 これより、1秒も無駄に出来ないことを感じました。地球に住まわせて頂くには、〈本性の光〉と共に、この瞬間を、知抄の光にすべてを委ね、〈今〉を、生ききって参ります。 

2013年4月30日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈81〉4月29日セミナーに参加して (G .M )さん拝

 あっという間のセミナーでした。舞台上の実在の光のお写真、そして、人間が〈光生命体〉に変容している光のビデオ放映と、本当に凄い内容でした。知抄の光の威力を浴びて、全員が、地球上の生きとし生ける全てのものが、共に引き上げて頂きました。
 知抄の光で統一された地球は、お教室やセミナーで引き上げて頂いても、人間が〈光と共にある〉実践をしていないと、思考の闇にすぐ占拠され、肉体に戻り、光の河でおぼれているのが、よく判りました。今日頂いたこの体感と喜びを忘れず、知抄の光にすべてを投げだし、委ねて、〈光生命体になる〉ことを確信し、実行実践致します。
 セミナー修了後、皆さん喜びに満ち溢れ、美しく色白に変わったことが、よく判りました。その中でも、松葉杖で来られたお方が、帰りには、杖を持って、すたすたと軽やかに歩いて帰られました。本当にびっくりしました。そして、吾がことのように、涙がこみあげる程、嬉しかったです。本当に感謝!!です。

2013年4月30日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜



〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈80〉4月29日セミナーに参加して (S .M )さん拝

 昨日のセミナーでのビデオ放映と光のお写真は、この地球が、実在する知抄の光で統一され、光の地球になった証を、誰でも見てわかるようにして頂けたことに、万感の思いを込めて感謝を申し上げます。
 セミナーで放映されるビデオを見ている際、前半のビデオ放映では、ビデオの中の色とりどりの光と、場内に降下している光が、一体になったことを感じました。また、後半のビデオでは、ビデオから放たれる黄金の光により、舞台上全体が、黄金の光に包まれるのが、肉眼で見ることが出来ました。
 今回のセミナーに母も参加でき、このような実在の光を浴びて、ビデオを拝見出来たことを、共に喜び、嬉しく思います。母もすっかり元気になって、帰るときは、活力に満ちて若返っておりました。
 本当に本当に、光の源の生命の根源の光であることを、お示し頂けたことに、喜びと賛美と畏れを深く刻みました。

2013年4月30日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈79〉4月29日セミナーに参加して (M .T )さん拝

 本日、地球を救い 人類を救う 光と共に〈新しい地球を歩もう〉セミナーに、家族で出席させて頂き、たくさんの貴重なビデオを見せて頂き、本当にありがとうございました。
 2013年3月10日と31日のアカデミー教室のビデオ放映の中に、皆さんと共に、なんと、私の顔が真っ赤な朱の光に包まれて、写し出されていて、その光のシルエットに、ただただ驚き、畏れ多くて、感謝するのみでした。本当に、今迄、何を見て学んでいたのかと・・・。今日こそ、実在の知抄の光を、はっきりと認識し、今迄の教えて頂いた学びを、本当に、確信することが出来ました。
 今回のセミナーで、また一段と高い境域へと、地球が引き上げて頂けたことを実感しました 。心より感謝を申し上げます。

2013年4月30日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈78〉4月29日セミナーに参加して (K .M )さん拝

 4月29日は、清々しく、澄んだ朝で迎えさせて頂きました。
 本当に凄いセミナーを、ありがとうございました。今回は、光の想定外のビデオを、3回も放映して頂き、その映像の威力で、どんどん変容して行く場内のすごさに、ただ、驚嘆するだけでした。
 紅蓮の光で、闇を焼き尽くし、光で平定して行くアカデミー教室でのど迫力、そこに同化した人々の光の姿は、正に〈桃源郷〉という感じでした。
 ビデオを拝見した位置は、出入り口に近い席でしたが、映像も色鮮やかに見ることが出来ました。私は、ものすごい波動を感じ、天目も両手の平の労宮も、ビンビンジンジンと、エネルギーが満ちあふれるのでした。
 ビデオ映像のアカデミー教室の中央に、開始前に数枚、並べられた光の降下写真は、まるで、黄金の光の階段のように見えていました。
 知抄の光からの〈吾等、景色まで変える威力〉− の、
メッセージの証を、畏れと共に判りました。201サロンの黄金とその場で同化された人々の、個性あるカラフルな光を拝見し、ただただ感嘆と感謝です。
 いつもこうして、光の帳の中で、光を浴びていることに、同時に、私たちは、考えられないほどの恩恵を、こうして賜っていることに、感謝の言葉が、全く不足していたことを恥じ入ります。
 今回も主人と共に、参加させて頂きました。主人は、やはりビデオを拝見して、驚嘆し、数え宇多も楽しくうたえて、声が最後まで出るようになっておりました。「ありがとうございました。」と、申しておりました。

2013年4月30日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈77〉4月29日セミナーに参加して (S .T )さん拝

 4月29日のセミナーは、今迄のセミナーと全く違い、光三年を迎えた、新しい地球の、光によって進化した姿を具現化した世界が、会場一杯に広がっておりました。
 お教室やセミナー会場で、実在の光が降下されている光の世界を、大画面の三次元の映像で見ることが出来ました。言葉で、表現出来ない、幻想的で美しい光の世界に、言葉もなく、深く感じ入りました。そして、画面からの光がとても強く、参加者全員に向かって放たれ、場内に満ちるそのエネルギーに、圧倒されました。
 この日のセミナーで、また地球が大きく、光によって構築され、変容したことを感じます。
 終了後、一歩外へ出ると、光と闇の峻烈な戦いが、待ったなしで、押し寄せてきました。〈知抄の光 暗黒の地球を お救い下さい〉・・・との、叫びを止めてしまうと、直ぐ思考の闇によって、三次元の肉体に戻ってしまうのでした。
本当に、真摯に、自らの存亡がかかっていることを、ひしひしと実感いたしました。
 知抄の光にすべてを委ね、〈光そのもの〉になれるよう、光の地球に同化してまいります。

2013年4月30日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈76〉4月29日セミナーに参加して (Y .S )さん拝

 地球を救い 人類を救う 知抄の光と共に〈新しい地球を歩もう〉セミナーを、開催して頂き、本当にありがとうございました。
 お写真そしてビデオ放映による、生きた実在の知抄の光の威力のあまりの凄さに、小さな人間の存在など、あとかたもなく吹き飛ばされてしまい、何の捉われも消え失せ、幼子の心になれたように感じられました。
 〈闇を切る術〉の2013年4月13日のビデオでは、瞬間、まばゆいばかりの黄金の光が、圧倒的な威力で、次々と身体を刺し貫き、細胞一つひとつを、光へと変容させて頂いているように感じました。
 ただただ、畏れ多く、すべての今迄の生き様(私の培ってきた既成概念)を、捨てなければ、人間に出来ることなど、何一つないことが判りました。一呼吸一呼吸、平伏す思い、そして、感謝と喜びで、全てを偉大な知抄の光にゆだねて、光の源目指して、歩むだけです。
 光と化した地球に同化し、少しでも光の源へ近づきたく思います。

2013年4月30日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈75〉4月29日セミナーに参加して (O .T )さん拝

 地球を救い、人類を救う知抄の光と共にセミナーに、参加させて頂き、ありがとうございました。
 本当に、多くの気付きを頂きました。日常生活の中で、肉体感情、思考をめぐらせ、三次元の肉体の中で、実践している〈つもり〉、知抄の光に委ねている〈つもり〉で, 過ごして来たことを、恥ずかしく思いました。
 教室とセミナーに降下している、光のお写真を見ているうちに、一つひとつの色そのものが、発光しているようでした。
 ビデオ放映では、写し出される画面が、朱で染まっていたり、色鮮やかで眩しかったり、徐々に黄金が強くなって変化したりと、人間智ではとうてい、考えられないということが、はっきりしていました。そして、見ている時の体感はというと、胸の奥が熱くなり、知抄の光・・・と、求め、切望すると、うち震える魂の慟哭のような感動が込み上げて来たり、と大変でした。
 知抄の光は意識を持った、生きている実在であり、その知抄の光が、今、魂の奥に降臨されていて、地球を助け、人類を光へと引き上げている、この疑う余地もない事実。そして、今日のこのセミナーは、地球を光と化す光の源の大計画、1巻、2巻のご本、否、もっと以前の智超法秘伝 第1巻〜第7巻の内容と、その言葉が、そのままその通りであることの、証を示す為のものだと、今頃になってやっとわかりました。
 一体今まで何を見て、何を聞いてきたのかと思います。〈人間とは本来、光そのものである〉・・・と、魂の光輝を求めて来た私にとって、何一つ判っていなかったことに、気付き、自分でも驚いております。
 そして、魂の奥に、知抄の光が降臨されていることへの、確信が、なかったのだと思います。
 光への確信あるものは、揺らぐこと無い−と。何度も教室で、セミナーで、私は聞いてまいりました。
 今度こそ、救い主 知抄の光へ確信をもって、すべてを委ねます。
 今迄の無知故の失礼を、伏してお詫び申し上げます。

2013年4月30日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈74〉4月29日セミナーに参加して (K .Y )さん拝

 今日は、みらいホールセミナー〈新しい地球を歩もう〉に、参加させて頂き、深く御礼、感謝申し上げます。本当にありがとうございました。
 次から、次へと、たくさん、たくさん見せてくださった光のビデオ、そして、舞台上の光の証のお写真、もう言葉はいらないと思いました。ただ素直に喜び、賛美、感謝で受け止めるだけ、もう異をとなえるスキもない、真実の実在の証のビデオとお写真を、セミナーで公開してくださったことの、深い深い愛を感じました。
 本当に救い主、知抄の光からの賜り物のこの恩恵を頂き、ありがとうございます。こんなすごいセミナーで、知抄の光を浴び、引き上げていただいたことが、どれほどの恩恵なのか、本当に嬉しくて、ありがたくて、感謝、感謝です。
 どんな末端の小さな小さな部位でも、地球を救う知抄の光の手足となって、担えるよう、この一生をすべて知抄の光に捧げ、共に歩みます。

2013年4月30日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈73〉4月29日セミナーに参加して (N .T )さん拝

 いつも穏やかな、温もりのある光をありがとうございます。
 貴重な光のお教室のビデオを、前から4列目の中央席で、たくさん見せて頂き、有り難く幸せでした。
〈闇を切る術の実行・実践〉では、ビデオの中で、人間の姿が、黄金に変容するのを、何度も見せて頂くうちに、人間に出来ることは何一つもないことが判りました。光にお願いして、ただ、委ねるだけで良かったのにと・・・。今まで頭で判っていたつもりで、本当は、何も判っていなかったことに気付きました。学んだことを自分流に頭の中で、型を作り、それに捉われていたことに気付きました。
 ビデオから放たれる、実在する、知抄の光の威力、その荘厳な光の前に理論、理屈は吹き飛びました。
 これより何も持たず、あるがままを受け止め、2巻の本を読み、光に委ね、実践実行してまいります。

2013年4月30日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈72〉4月29日セミナーに参加して (N .K )さん拝

 セミナーを開催して頂き、ありがとうございます。想像もつかない、この地球全土で 見ることも出来ないほどの、凄いビデオとお写真の公開、ありがとうございます。仕事人間として、3次元肉体人間の私にも、本当に自らの存亡が、本当にかかっていることが判りました。そして、知抄の光の実在の威力も判りました。畏れを感じます。
 舞台左袖には、1993年東京丸の内の日本工業倶楽部での集いに、知抄先生目指して降下されている、真紅と黄金のお写真がありました。知抄の光は、当時から何も変わっていないこと、よくわかります。全く無知故ですが、光の源 直系の御使者ですから、当然のことでした。舞台上のお写真は、2012年12月24日から日にち順に並べられていました。真紅と黄金の光が、人間の目にもはっきりと見えるのでした。ここまで、光へと誘い高めて頂いていること、本当に感謝しかありません。一方で、ここまで実在の知抄の光を公開されたことは、大変な状況に今、地球が今、人類が、そして、私が危険であることもわかります。お写真の中で、中央の一枚だけが、緑色の透明な美しいお写真でした。とても見るだけで、穏やかに身も心も温もりの中に包まれたような、不思議な感じがしました。よくわからないのですが、〈ベールの彼方の生活〉という以前読んだ第4巻の中になにか書いてあったのを思い出していました。私には、とても意味のあるお写真に思えました。
 はつらつ元気教室のビデオでは、お部屋がだんだんと、黄金になっていくのが、本当によく見えました。
 セミナーでもお話しがありましたが、何がこれから起こっても、〈救い主 知抄の光 暗黒の地球をお救い下さい〉・・・と。いつも知抄の光を、魂に掲げて参ります。
 今、会社での仕事も、まさに大変な状況にあります。知抄の光に委ね、知抄の光を死守し、確信を持って、知抄の光と共に歩みます。今度こそ、自らの存亡をかけて、地球に同化するために、智超法秘伝を実行実践します。
 本当にありがとうございます。

2013年4月30日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈71〉4月29日セミナーに参加して (K .M )さん拝

 今回は、本当にもの凄いセミナーをありがとうございました。数え宇多の時は、舞台にも上げていただき、とてもとても嬉しかったです。今日は、初公開の御写真に、ビデオの放映、驚きの連続でしたが、特に、アカデミー教室の光呼吸の様子を映したビデオには、言葉がありませんでした。こんな光が降下されている、この光で統一された地球で、もはや三次元のつまらない悩み事を、言っている場合ではない−と、心底より深く判らせていただきました。
 先日、スタッフのお方から、アカデミー教室のビデオの中で、私が黄金になっていることを、教えて頂きましたが、まさに、その様子がはっきり、私にもわかるよう映し出されていました。光の子として、確信を持ち、自力を発揮して〈光そのもの〉になり、知抄の光からのインスピレーションを、受け取らせていただきます。ボヤボヤしていないで、光の子として使命遂行し、24時間もう本当に、人間をやっている時ではないことを、今日は本当に感じました。
 これからは、光の剣を抜いて前へ進みます。サロン301へも入室し、地球全土へ光を放ちます。

2013年4月30日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜



〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈70〉4月29日セミナーに参加して (M .R )さん拝

 今回、セミナーに息子と二人で参加させて頂き、深く感謝を申し上げます。会場に向かう電車の中で、息子の顔が真っ白になり、すでに光を受け止めている事に気づきました。
 セミナー会場で、公開して頂いた写真を見て、このセミナーの凄さ、その大きな愛に、改めて気づかせて頂きました。今迄、光と化した地球は、本を読んで、判っていた心算になっていた自分の愚かしさに、恥じ入る思いでした。
 地球が光化している様、お教室の様子、光への変容の様を、写真を通じて、見せて頂き、正に七首を突きつけられた思いで、もはや、一刻の猶予もない事、本当に自らの存亡が、この一瞬の生き様に、全てかかっていることが、判りました。そして、人間智を振り回すことの愚かさと、空しさを思い知りました。
 人類の一人として、地上に降り、惰眠を貪っている私に、大きな、そして、最後のチャンスを頂いたようで、心から感謝を捧げます。本日のセミナーで、どれ程、引き上げて頂いたか、感謝以外ありません。
 もっと真剣に、貴重な、これからの地球に住む為の第2巻のご本を、繰り返し読み、実践して行きます。

2013年4月30日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈69〉4月29日セミナーに参加して (M .A )さん拝

 今日は、貴重な〈新しい地球を歩もう〉セミナーをありがとうございました。
 どこを訪ね歩いても、いくら大金を積もうと、見られるものではない、貴重な尊い、実在の光の中に人間が、光の色彩に同化したビデオを、沢山見せて下さり、有り難く、お礼の申しようもございません。
 黄金に変えて頂いている人間の姿を見て、あまりの凄さに、全くなにも考えられませんでした。地球上どこを探しても、絶対あり得ない、奇跡としか言いようがございません。
 このようにして、いつも光を浴びせ続け、光へと引き上げていただいていること、もの凄い恩恵を賜っておりますこと、改めて思い知らされました。今迄の無知故のご無礼を、今更ですがお詫びし、知抄の光に本当に平伏します。
 私が光になっていれば、いいというだけでなく、こうして賜った、光への道しるべを、私がまず光になって輝き、地球上の闇を光に変える為に、惜しみなく利他愛を振りまき、善行を誓います。

2013年4月30日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈68〉4月29日セミナーに参加して (W .K )さん拝

 こんにちは。
 日曜日のアカデミー教室、そして、昨日のセミナーと、連続して凄い時間を過ごさせて頂き、本当にありがとうございました。今回の、実在の知抄の光の証をお写真で、ビデオで、見ることが出来たことでの体験を通じて、如何に今まで既成概念に捉われ、大きな思い違いをしていたかを、気づかせていただきました。
 かつて、知抄先生が、出家等で俗世間から絶縁する生き方を、激しく否定されていたように、現実から目を背け、独り善がりの擬似的瞑想状態に、逃避してはダメだということを思い起こすことが出来ました。そして、瞑想も型ではなく、〈実在の光〉が共でないと、無意味であるとのお言葉を、今、鮮明に実感として判りました。
 光の道の生き様は、まさに〈動の中の静〉であるとともに〈静の中の動〉でなければならないということも、今回、体験として、実感して初めて、理解することが出来ました。
 それは、突き詰めれば、何も持たない、捉われない自由に羽ばたける、〈軽やかさ〉であり、瞬間一呼吸を〈光そのもの〉として在ることでした。
 また、こうして私は頭をめぐらせ、理屈や理論を考え、思考人間になってしまいました。
 今回の得がたい体験を糧として、まっさらな幼子の心になります。これからも、お導きよろしくお願い申し上げます。

2013年4月30日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈67〉4月29日セミナーに参加して (H .M )さん拝

 見たこともない本当にもの凄いお写真と、サロン、お教室でのビデオを、たくさん見せていただいて、本当に本当に言葉に出来ません。1巻、2巻のご本の通りでした。如何に人間は、おろかなものか、信じていると思い上がって判っておりませんでした。
  平伏して感謝を捧げます。有り難うございます。
 今迄もどれほどの、奇跡といえる見聞をさせていただいたか、本当にどこを見ていたのか、恥ずかしい限りです。
 光と化した新しい地球の、〈光そのもの〉に同化した教室で、共に学んでいる方々のお姿、もう只ただ、魂の奥の知抄の光に、全てを委ねます。
 光の地球に同化して、喜び、賛美、感謝で歩みます。何一つ、人間をやっていては、同化出来ないことが判りました。
 今度こそ、〈人間は光そのものである〉という確信、光を死守する者は光によって守られる−という、実在の光への全託の本当の意味を、本当に判らせていただきました。
 いつも、このような実在の光の帳の中で、 私たち一人ひとりを、光へと引き上げてくださり続けている、もの凄いお教室、そして、セミナー等で、学ばせていただいていたことに感謝を捧げます。口先ではなく、必ず、自らの存亡をかけて、今こそ実践し、研鑽いたします。
 救い主、知抄の光様、心から今迄の無知を恥じ入り、喜び、賛美、感謝をささげます。もう本当に平伏します。地球を、人類を、お救い願います。ありがとうございます。

2013年4月30日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈66〉4月29日セミナーに参加して (S .A )さん拝

 セミナーの開催される前日の4月28日、第4日曜日のアカデミー教室に、1回学ぶチャンスをいただき、ありがとうございました。どれほどの深い愛をいただいたことかと、知抄の光にひれ伏して、感謝を捧げます。
 そして、翌29日の、横浜みらいホールでの、〈新しい地球を歩もう〉セミナーは、参加させていただくだけで、すべてが大きく飛躍したと思います。舞台上で、数え宇多も共にうたうことができ、本当に幸せでした。
 二日間を通して、様々な気づきや学びがありました。私が強く感じたことは、自力救済が出来ない限り、サロンへの入室はおろか、この光と化した地球上に、もはや、
〈適応出来ない〉ということでした。
 天界そのもののような美しい色彩の、サロン201に入室しておられる皆様のように、穏やかに、軽やかに、光生命体になって、喜びと賛美と感謝に満ちた、何の捉われもない、幸せな毎日を送りたいと、心から願いました。 すると、魂の奥から、「出来るよ!」と、力強い鼓舞する言葉が湧き上がり、「私は光だ!」という、強い確信が湧いてきました。
 光呼吸をする時、知抄の光が実在の光であると、強く認識しながら、魂の奥へと、頭を下げて、さらに、求め、求め、「救い主 知抄の光、暗黒の地球を、お救いください!」と、誠の心で叫びをあげると、有り難く、嬉しく、涙が込み上げてきます。
 今迄、如何に型だけで、〈やった、つもり〉になっていたことか。本当に、光の道は、永久なる道であることがわかりました。
 肉体次元の思考が、真っ黒なものとなって、光の地球を汚すことを、アカデミー教室でのお写真で、見せていただきました。光と化した地球上では、私の出す想念は、あれほどまでに真っ黒であると、真実を、つきつけられました。光の地球は、〈光そのもの〉になって、喜びと賛美と感謝で過す重要さが、よくわかりました。
 私が、暗黒の地球である私自身を救うという、自力救済を、身に修め、喜びと賛美と感謝の中で、嬉しく、楽しく過ごせるように、研鑽いたします。
 ただただ、感謝を捧げるのみです。 

2013年4月30日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈65〉4月29日セミナーに参加して (T .M )さん拝

 ありがとうございます。
 本当にありがとうございます。
 昨日は、本当にあり得ないほどの、人間には、考えられない、ものすごいセミナーに参加させて頂き、本当に本当にありがとうございます。
 もう、いよいよ言葉はいらないのだと、第2巻の御本の内容が、ここまで現実化されていたことが、理解出来ました。
 お写真で見せて頂いた、暖かくて、美しい色どり豊かな光の降臨は、誰の目にも、もはや理論も理屈も通用しないほどの確かな、実在であることを、しっかりと惜しげもなく、セミナー参加者に、お与えいただきました。
 これを見ても、まだ、確信が持てないという者がいたとしたら、本当に人間は、思考が停止し、馬鹿になったと思います。
 また、我が目を疑うようなビデオの放映は、もう本当にこのような機会をお与えくださった恩恵に、ひれ伏して、感謝を申し上げるしかありません。あれほどの長い時間、生きて地上に今在る、実在の知抄の光をあるがまま、撮影された5本の原版ビデオを、そのままお見せ下さり、本当に本当に、ありがとうございます。
 今迄、地球上で誰一人として、見たことも、聞いたこともない、〈ものすごい〉としか、言葉すら出せない、知抄の光の威力の顕現を見せつけられました。本当に、畏れ多いことです。
 幸せで、嬉しくて、今世で、知抄の光に出会えたことは、ただただ、喜びに胸が打ち震える思いでした。今世、地上に今ある私が、いただいたご使命を、肉体を出て〈光になる実践〉をすることで、果たして行きたいと思いました。 

2013年4月30日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈64〉4月29日のセミナーに参加して (K .M )さん拝

 本日は、家族全員でセミナーに参加させていただき、ありがとうございました。
 会場で展示くださった、アカデミー教室でのお写真、サロンの黄金に輝くお写真を拝見でき、201サロンを見たことがない私にとって、色とりどりの透明感のある光の降下は、何もかもが、初めて目にする、実在の光のお姿でした。言葉にとうてい現せない、私のすべてが目覚めるような、とても感動するものでした。そして、ビデオ放映で、私が初めて参加した日のアカデミー教室での、朱と黄金に輝く様を、編集の無い連続再生で、原版で見せて頂いた時には、驚きと喜びが湧き出てきました。教室が本当に如何に凄い光場で、学ばせて頂けているのかという事に、改めて気づかせて頂くとともに、人間は、光そのものであるということを確信させて頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。
 今回のセミナーでは、今までと異なり、会場に着席した直後から、胸の奥が熱くなるのを感じました。会場内に光が降り注がれていることを実感出来ました。
 また、お話もこれまで以上に、地球の今の状況が自然に伝わってきて、本当に待ったなしの状況であることを、改めて認識させられました。
 知抄の光が、実在として降り注いでいることの証を見れば、地球が光と化している事実も、私たちが、この光化した地球に適応しないことには、どうしようもないことも、光を死守すれば、光によって、守られる事も非常に良くわかりました。
 そして、これまでの既成概念を光にお願いして、取り払い、光と化した地球に適応できるよう、24時間実践し、光を死守する決意を新たにすることが出来ました。
 改めて、今回の人類にとって貴重な、そして、地球にとって非常に重要な内容のセミナーに参加させて頂き、心より御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

2013年4月29日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈63〉4月29日のセミナーに参加して (F .A )さん拝

 知抄先生
 4月29日、セミナーに参加させていただき、ありがとうございます。
 知抄の光が、実在として降下されている場内で、ビデオ放映の中で、光呼吸・・・と、プログラムの進行と共に、身も心も、すべてを知抄の光に委ねていますと、私の中で魂の光が解放され、私は、〈光の子〉であるという、強い確信が湧き上がりました。次の瞬間、喜びと賛美と感謝が込み上げ、細胞までが笑い始めた感じで、光へと引き上げて頂いたことを今日こそ体感出来ました。
 人類を救う為に、今こうして、地上に在られる、知抄の光〈生命の光〉の恩恵を決して忘れず、一瞬一瞬を〈光そのもの〉になる、実行実践を、自力で今よりしていきます。
 セミナーでは、色々な方にお会い出来ました。2001年4月22日のパンフレットのお写真の中で、主人が、かわいい女の子を抱っこしていました。そのお方は、中学生になっておられました。12歳の明るい元気な女の子に成長され、ご両親は、お仕事で参加出来なかったので、一人で初めて横浜まで来られたとのことでした。思わず、10年ぶりの再会に、嬉し涙が出ました。
 また、最後に、閉会をされたお方は、81歳になると言われましたが、本当にお綺麗で、私には50歳くらいにしか 見えませんでした。
 これこそ、知抄の光は、生命の光、本当に人間進化の証であると、心から納得出来ました。今回のセミナーで、光の源 直系の御使者、偉大なる救い主、知抄の光に、「地球を救う使命遂行の部位を担って、光と共に歩みます」と、知抄の光に平伏す思いと、深い感謝を光の源へ捧げました。ありがとうございます。

2013年4月30日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈62〉4月29日セミナーに参加して (I .K )さん拝

 4月29日のセミナーに続き、今日は、火曜日サマディのお教室に出させて頂き、ありがとうございます。
 な−んにも分からない私、今までとは違う、幼子になっている私を感じ、すべてを委ね、動功、そして瞑想に入りました。
 わからないから、ここで学ぶ。そしてすべての既成概念を捨て、まっさらになり、光を受け止める。
 今迄60年間、全くしてこなかった生き方を今日よりするのだから、すべてが未知で分かるはずがないのだ!! そう思ったら、涙が出てきました。
 幸せを呼ぶ、数え宇多をうたうと、嬉しくなり、お教室の共にうたうお仲間も同じように、喜び輝いているこの状態が〈光そのもの〉。身体が宙を舞っているような気分になりました。知抄の光が、魂の奥に降臨されていることを、実在として確信したら、難しいことではなく、教えて頂いた秘伝を、あるがまま受け止めれば良いのでした。
 白紙の幼子の心になって実践するとは、こんなにも楽しい!! 三次元の肉体人間には、とうてい経験することの出来ない〈魂の光〉が、本当に自由に羽ばたくのです。初めて、しっかりと体得出来ました。
 光と化した地球の歩みを教えて頂き、自力救済の道を一歩一歩、進んで行きたいと、心から切望しております。

2013年4月30日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈61〉4月29日セミナーに参加して (M .F )さん拝

 知抄先生
地球を救い、人類を救う、知抄の光と共に〈新しい地球を歩もう〉セミナーに参加させて頂き、ありがとうございました。
 光と化した地球に、住まわせて頂くには、今日実在として見せて頂きました、光のお写真及びビデオの実在のすごさに畏れを感じ、光の地球に同化させていただくしかないこと、強く強く、魂で受け止めました。
 ビデオ放映では、言葉で言っても言っても、分からない私たちに、人間が思考によって、出し続けるヤミまでも映像として捉え、写し出し、そして、そのヤミを、偉大な知抄の光が、紅蓮の光で焼き尽くし、一瞬にして、黄金の光に、変えていく威力を、見せて頂きました。ただただ、頭を下げて平伏すのみでした。
 〈はつらつ元気教室〉の黄金の部屋に、人間が同化して、個性に応じて、光を放っているビデオは、ありがたくて、ありがたくて、その中の一人として学ぶ姿に、感謝と喜び以外、言葉になりません。この一瞬一呼吸に、喜びと賛美と感謝を捧げ、知抄の光を求め求めて、魂の奥へ奥へ、光の源目指して歩みます。

2013年4月30日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜



〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈60〉4月29日セミナーに参加して (K .Y )さん拝

 知抄先生
 4月29日のセミナーでの、もの凄い光の生きた意識のビデオに圧倒されました。いつもあのような教室の中で学び、光を浴びせて、光へ引き上げて、居させていただいていることが、本当に本当に奇跡です。
 アカデミー教室の、天井やかべに時折みえる黒いものが、私たち人間が出す思考であることが、よくわかりました。更にすべてを知抄の光に委ね、捧げて、消して頂かねば、前へ進めないこともよくわかり、決意を新たにしました。
 セミナーの途中、私も思考が何度も湧いて来ました。このような光の宴で、と思いましたが、知抄の光にあるがままを捧げて、お願いしておりましたら、本当に何もなく、頭の中の思考のヤミを消して頂き、喜びと賛美と感謝に包まれました。
 光が増した分、これからは、ますます思考や感情という光でないものは、今まで以上にあぶり出されて、肉眼でこうして見せて頂けるまでに、地球が光と化したこと、認識致しました。
 知抄の光に委ねて委ねて、光と共に歩んで行きます。

2013年4月30日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈59〉4月29日のセミナーに参加して (F .M )さん拝

 横浜みらいホールにて、4月29日、知抄の光と共に
〈新しい地球を歩もう〉セミナーの開催、ありがとうございました。
 貴重な、たくさんの実在する知抄の光の証の見たこともない光のお写真とビデオを長時間、それも何本も見せていただき、高く高く光へと引き上げていただいたこと、平伏すばかりです。
 私の70有余年の人生の中で、表現できない、もの凄い衝撃的な、光の宴といえる実体験でした。言葉がありません。驚きと救い主、知抄の光の実在を、この目で見ることが出来たことは、すべての地球人類にとっての恩恵です。光と化した新しい地球に住まわせていただくには、すべての人類が、知抄の光に救いを求め、委ねるしかないとの、メッセージのとおりであることが、本当に本当に今日こそ判りました。
一瞬一呼吸を、魂の奥に降臨されている、知抄の光にお願いして、〈光そのもの〉に引き上げていただくしかないこと、深く深く、判らせていただきました。
 智超法秘伝、幸せを呼ぶ、数え宇多で、舞台で共にうたい、より高い境域へと誘われましたこと、心より感謝申し上げます。これより、地上でなにが起ころうと、どこまでも知抄の光を死守し、〈光になって〉ついて行きます。セミナーの最後に、私の手のひらにも、金粉が出ていました。感謝以外ございません。ありがとうございました。

2013年4月30日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈58〉4月29日のセミナーに参加して (A .T )さん拝

 セミナーに参加させて頂き、感謝しかありません。初めて見せて頂いたビデオや、お写真は、ただもう〈すごい〉の一言だけです。特にアカデミー教室での、真紅のお写真に、人間が埋もれているのには、もう見るだけで訳もなく涙がこぼれ落ちました。実在の知抄の光の方々が、本当に今このときに、生きた実在する光として、ここに共に居てくださっており、地球を光と化す、光の源の大計画通りになされていることが、現実に私に起こっていることとして、本当に、初めてわかり実感しました。
 いままで何を聞いても、見ても、判っているようで、現実の感覚がなく、雲を掴むような感じでありました。知抄の光は、ここにコップがおいてあるのと、同じくらい、目の前に現実としてあることが、本当によく判りました。今まで、一体何を学び、何を見ていたのか、思考の中で、〈ヤミ〉の中で、見ても見えず、聞いても聴こえずであったことが判りました。
 偉大なる光の源の光であられる知抄の光を、人間には、理解出来るはずもないのに、頭で理解しようと努力してきたことが、どれだけ不遜であったことか、初めて気づかせていただきました。もう幼子の心になって、すべてを投げ出し、委ね、魂よりの叫びを、2巻のご本を何度も読み返し実践致します。
 本当にありがとうございました。セミナーでの学びを、必ず今度こそ身に修めて〈光そのもの〉になります。 

2013年4月29日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈57〉光三年の御本の威力!! (K .Y )さん拝

 今日も火曜サマディ教室に参加させていただき、ありがとうございました。
 4月の月刊雑誌に掲載されている、お教室に降下した実在の光に、人間が同化している光の写真を、見せていただき嬉しかったです。皆さんで、まわして見ていると、もの凄い熱気にあてられているように熱くなりました。本当にものすごい、知抄の光の威力です。本当にすごかったです。お教室も、さらにさらに光が増しているのを感じ、こうしてこの光場にいるだけで、どなたのお顔も美しくなられていて、私も幸せいっぱいでした。うれしさがこみあげてきて、感謝が湧き上がりました。
 〈光三年〉の御本は、〈本にして本に非ず〉といわれておりましたが、本当にそうだと今更ですが、実感として感じられるまでになりました。この御本を地球人類すべての方に、読んでいただきたいと思います。でも、私が何度も繰り返し読み込むことで、私が気づき、学びを、即、実行すると、私と同じ波動の方にも伝わるような感じがします。本当にもの凄い、知抄の光の実在の威力の御本だと思いました。それと同時に、私が〈光そのもの〉で居ることの重要さを感じました。三次元の肉体次元で、目かくしされたように光を感じることが出来なくても、自らの内にある〈魂の光〉と共に、いつも在ることを信じて、知抄の光に確信を持って、私を、地球を、そして人類を助けて下さいと叫び、求め、知抄の光を守り、同化していく強い決断で研鑽いたします。今もこうして、一日生かしていただき、ありがとうございました。

2013年4月9日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈56〉知抄の光を求めます (S .F )さん拝

 今日、お教室で智超法秘伝の〈数え宇多〉をうたっている時、「私は自由だ−!」と、魂の光が喜びの叫びをあげているのがわかりました。〈魂の光〉に活力を与え続けてくださる、光の源の知抄の光を死守すれば、こんなに自由に、なんの捉われもなく、いつでもこうして喜びの中におれるのに、何を好んで、わざわざ三次元の肉体にすぐに捉われ、自由を奪われて、支配され続けているのだろう?
  一歩教室を出て、次の週まで、今迄私は、何をしていたのでしょうか? 本当に瞬間瞬間、知抄の光を求めます。
 一呼吸、一呼吸、生まれ変わって、知抄の光に委ねます。
 〈私は光です〉 何の捉われもない、自由に羽ばたける光です。気づきをありがとうございました。
 我が魂の奥に、知抄の光に喜び、賛美、感謝を捧げます。

2013年4月8日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈55〉愛犬〈たんちゃん〉軽やかになる (W .K )さん拝

 爆弾低気圧が接近しているということで、今日は雨が降り出す前の早朝に、愛犬と散歩に出かけました。犬を足下に寝転ばせてオーバーシャド−をしておりますと、突然愛犬の様子がおかしくなりました。何事かと思ったその瞬間、なんとも不気味な物体が愛犬の口から吐き出されました。よく見ればそれは(空気は抜けていましたが)やや大ぶりのゴムボールでした。
 ここ数ヶ月間、まだ幼い愛犬が散歩を嫌がり、ずっと元気が無い状態が続いていました。誤飲した針金が、知抄の光のお陰で、無事に排出されたことは、以前ご報告しましたが、実はあれ以降も、どこかすっきりしない様子が続き、怪訝に思っていたのです。
 ボールは、金属でないからレントゲン検査で見落としたのでしょうか。何とも不可解ですが、ともあれ、智超法秘伝〈智超法気功〉のオーバーシャドー中に、このような現象が起きるということで、またまた知抄の光の〈ご威力〉を、垣間見させていただくことができました。本当に有り難く、平伏す思いで、喜びと賛美と感謝に満たされました。異物を吐き出した後の愛犬〈たんちゃん〉の足取りは、見違えるように軽やかになりました。この〈軽やかさ〉こそ、今、私にとっても必要なことで、見習わねばと思いました。

2013年4月6日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈54〉2巻のご本を読み実践します (S .T )さん拝

   いつも深い愛を賜り、ありがとうございます。
 本日は全く思いがけず、スタッフのお一人から直接のご指導を頂き、本当に有り難く、ひれ伏して御礼を申し上げます。
 私は、この光と化した地球に溺れていることに、気付いて居たものの、ずっとこの三次元の肉体から、抜け出せずにもがいておりました。
 今日のご指導で、魂の奥に降臨されている実在する知抄の光に委ねる実践が、全く出来ていなく、我流の三次元の人間智でやっていたことに、改めて気付かされました。
 ご指導頂きましたように、素直に今から、2巻のご本を繰り返し読み直します。そして、書かれているとおりに、全てを白紙の心で受け止めて、素直に実践して参ります。
 今度こそ、実在の知抄の光の威力を、ここまで学んで来た私も、皆さんのように受け止められる確信を持ちました。
 4月29日のセミナーには、喜び勇んで会場にはせ参じます。

2013年4月3日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈53〉光の地球は自力救済!! (K .M )さん拝

 〈知抄の光を死守する者は光によって守られる〉という、実在する知抄の光からのメッセージを、アカデミー教室の始まる前に、読ませて頂きました。光と化した地球、本当に自らの存亡が、かかっていることを、改めて今日、肝に銘じ、平伏す思いで参加させて頂きました。
 中央には、すでに15枚もの、このアカデミー教室に、3月10日に降下されている、光のお写真が、示されていました。眩しくて、信じられない程の光場に、お教室がなっていることに、またまた驚嘆致しました。
 光のお写真を見ていると、まだどなたも座っていらっしゃらないと思われる正面にある、お机と椅子が、黄金と朱の光で包み込まれ、人がいるのかさえも、判らない程の、光の実在を見せて頂きました。次々にお写真を見ていくと、かろうじてお顔の輪郭は判っても、足は消えていて見えませんし、もう全く普通の人間の姿形ではなく、朱と黄金、鮮やかなピンクの光の中に、誰が誰だか見分けもつかない程、溶け込んで光輝いていました。
 全員がこのお写真の光場で、今日も、今こうして学ばせて頂いていることの恩恵に、涙が落ちました。深い喜びを、魂の奥に降臨されている知抄の光に捧げました。いつも、ご指導頂いているように、光の地球は、知抄の光に委ね、その威力を受け止めるか否かは、自らの決断であることが、このお写真からよく判りました。瞬間瞬間、知抄の光を求め、自らが自らを救う、自力救済なのだということを、重ねて肝に銘じました。光へ行きつ戻りつ、自由自在に出来るまで研鑽します。

2013年3月31日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈52〉知抄の光の威力に感謝 感謝です (O .Y )さん拝

 本日も、アカデミー講座ありがとうございました。
 貴重な凄い、実在の知抄の光のお写真を見せて頂き、ありがとうございました。私の顔も姿も判らない程、実在の光に溶け込んで、同化しているのを目の前にして、熱いものが込み上げて来ました。言葉もなく感謝だけでした。
 帰る道すがらも、〈救い主 知抄の光 暗黒の地球をお救い下さい〉と、魂の奥へ奥へと、光の源に届けとばかりに叫び続けました。そして、帰宅後しばらくして、大きな気付きを頂く事が出来ました。ずっと、持病を抱え込んでいる私は、定期的に検査を受け、担当の医師からは、良い成績だと思います。この状態を維持できるようにと言って頂いてまいりました。小康状態をずっと続けてきております。
 それなのに、全治しないからと感謝もせず、完治しないことが気にかかっており、全く、頭が高く、傲慢そのものであったことに気付きました。難病の一つである病が、完治していなくても、沢山の光を浴びせて頂き、余病を併発することもなく、毎日こうして生命を頂き続けて参りました。日常の生活も普通に出来るまでに、生かして頂いているこの一瞬一瞬に、何故、感謝を捧げ、知抄の光の恩恵に喜ばなかったかと、気付かせて頂きました。この10余年間を振り返り見れば、美しく、色白に、別人のように若返り、外見からは全く健康そのものであることに、ハッとして、「ありがとうございます。」と、思わず感謝を捧げ、魂の奥へ平伏しました。すると、もっと感謝が湧いてきて、次の瞬間、私の中の〈魂の光〉のお方が、何かククッと喜んで下さったことが判りました。どんな低き旅路であっても、どんな病の中にある状態であっても〈私は光である〉という強い確信で、魂の奥に降臨されている〈知抄の光〉に、その恩恵を頂けるように学んだ〈智超法秘伝〉を、実践することの大切さを教えていただきました。ありがとうございました。そして、こんな不遜な私をここで〈ご卒業〉としないで、これからもアカデミー講座の生徒として、学ぶ席を、存続させて下さったことに、万感の思いを込めて、感謝を捧げます。
 今、この御礼を書いている途中、左手首の上辺りがキラキラし、金粉が浮いて来ていることに気付きました。嬉しいです。ありがとうございます。
 そして、来る4月29日 未来ホールで開催される〈新しい地球を歩もう〉セミナーで、救い主 知抄の光の実在の証を、ビデオ放映とお写真で公開されるとのこと、今からワクワクしております。

2013年3月31日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈51〉幸せ感一杯の第1日目  (K .M )さん拝

 本日は、アカデミー教室に参加させて頂き、しかも、15枚もの3月10日に撮影された、最新の未公開写真を見せて頂き、本当にありがとうございました。まだまだ、喜びと感謝と感動がおさまらない程です。
 教室の入り口では、大勢のスタッフさんから、「おかえりなさい」という、暖かいお言葉を頂き、こんなにも私達家族のことを、お気遣い下さっていたことに感激しました。
 そして、お祝いを頂いた時には、どう反応して良いか判らないくらいに、嬉しく思いました。そして、この教室初日に、かつて見たこともない、朱と黄金とピンクに包まれた人間が、消えて光に同化しているお写真は、ただただ驚きと感動でした。見入っているうちに、まだ経験の浅い私でも、温もりのある、暖かい知抄の光の波動を、感じ取ることが出来ました。更に光呼吸を壇上で実践したときから、身体が熱くなるのを覚えました。この時、私自身も朱と黄金の光へと引き上げられ、この光のお写真と同じように、今光の中にいて、同化していることを実感出来ました。
 このような、素晴らしい知抄の光が、降下されている学びの光場へ、参加させて頂けたことに、改めて喜びと賛美と感謝で満たされ、幸せ感一杯になりました。魂の光輝を目指して、光を求める決意を新たにすることが出来ました。横浜にこうしてこれからは、毎日おれる幸せの第1日目を、本当にありがとうございます。

2013年3月31日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈50〉光を放つ実践  (K .M )さん拝

 今日より、〈地球全土に光を放つ〉実践を、ルネサンス教室で、実践させて頂きました。光を放つとは、とにかく、全てを託して、自らが〈光そのもの〉になって、地球をお救い下さいと、〈本当の本当の真摯な思い〉だけだと判りました。
 光を注ぐとか、放つとかではなく、光の源に向かっての雄叫びで、例えるならば、出来うる限りの大きな声で、「知抄の光、共にあります。地球を光に変えて下さい」の思い。
 姿勢で例えるなら、これ以上出来ない程、頭を下げて、「知抄の光と共にあります。地球を人類をお救い下さい」の思い。
 今更ですが気付かせて頂き、本当にありがとうございます。〈大地を受け継ぐ者〉としての使命遂行は、私自身が光を死守すること。そして、光に全てを委ね、、丸ごと地球を抱えた瞬間、本当に一瞬で、地球全土を照らし、知抄の光のご意思が叶うというか、一瞬で知抄の光の創造界の威力が、顕現されることが判りました。
 肉体三次元を出て、いつも光と共にあるよう、光を死守します。全てを投げ出し、魂の光に委ねます。

2013年3月27日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈49〉新たなスタート (S .H )さん拝

 今日、サロン201に久々に入室させて頂きました。
− 光は、全てを照らし見守っている − 改めて、メッセージを思い出し、ハッとしました。
 人間は、日々思考の闇の中で、右往左往し、光を求める決断をするしかないことを学び、身に修めていると思っておりました。それなのに、何一つ実行、実践できず、光のことは忘れ、光の地球の中では 、何もできず、裸同然であることも、すっかり忘れさせられてしまう怖さを、気付かせていただきました。私の中で、濁っていた部分が照らされ、澄んできたことがわかりました。なんと、軽やかで爽やかになったことか−。喜びが自然に湧いてきました。今迄一体、何をしていたのかと思います。
 過去も未来も、今のこの一瞬の生き様で決まる。そして、瞬間生まれ変わって、新たなスタート(再生)。 光の地球を歩む、〈光への道〉はとてもシンプルです。光の源目指して、光の道を歩めるこの幸せ、改めて噛みしめております。本当にありがとうございます。知抄の光に、伏して喜び、賛美、感謝を捧げます。

2013年3月27日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈48〉知抄の光の威力と共に   (T .H )さん拝

 日曜日に姪の結婚式があり、土曜日から妻と次女の三人で京都に行って来ました。東京ほど暖かくなく、桜も五分咲きでした。「東京が満開なのに地球が変わってきているんですね」と、話されていました。
 神戸の両親も、同じホテルに宿泊したのですが、二人だけで、京都に来れるまでに元気になっておりました。
 昨年7月の事故後の事を考えると、改めて知抄の光の威力の恩恵によって、助けて頂いたことを、その奇跡に只々感謝を捧げて平伏す思いでした。 父が骨折と内臓疾患で長期入院し、一人暮らしの母は、心臓病と認知症が進み、二人だけで生活することは、もはや困難となってしまいました。グループホームは施設の申し込みをしたのですが、どこも満員で受け付けてもらえず、頼みのホームヘルパーさんや看護師さんも当時は、母が拒絶して、大変な状況だったのです。知抄の光の威力により、実在の生命の光を注いで頂き、たくさんの光の賜り物を頂くという恩恵によって、只々おどろく程の早さで、二人とも回復させて頂きました。本当にありがとうございました。
 母は、土曜日の夜に会った時は、心臓が少し苦しいと心臓を押さえていましたが、光を注ぐと落ち着いたのか、ありがとう、と言ってそのまま寝てしまいました。
 挙式の当日も、10時の親族紹介から披露宴の終わる2時頃まで、孫の晴れ姿を見ながら、楽しく会話し、フルコースもいただいて、そして電車で神戸の自宅に戻る五時頃まで、しっかりとした足取りで帰って来れました。本当に、座り込むことも休むこともない元気さにびっくりしました。 本当にありがとうございました。いつもは9時頃に寝るそうですが、眠くならないようで、気が付くと、夜中の12時頃まで話し込んでいました。翌日大変かな、と案じたのですが、今朝も早く起きて、疲れを感じていない様子でした。
 結婚式では、知抄の光を死守し、知抄の光を放ち、知抄の光ですべてを照らして、共に知抄の光を注いでいたのですが、アカデミー教室の時間帯になると、式場に光がどんどん増していることを、改めて実感させて頂きました。
 両親もそうですが、参加者全員の顔が、急に色白になって、生命力に満ち満ちている姿を、実在の知抄の光の威力をまざまざと証として、見せて頂きました。 共に結婚式に光を降ろし、知抄の光の祝福を添えられたことに、感謝を捧げて捧げて、力強くこれからも光の地球に適応しながら歩んで行きます。
 本当にありがとうございます。御礼申し上げます。

2013年3月26日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈47〉教室に降り注ぐ光の中で  (M .N )さん拝

 火曜サマディ教室で〈言葉瞑想〉の時、魂の奥に在られる、知抄の光に全てを委ねて、魂の奥へ向かって行きました。最初は、赤い光の中にあって進むうち、青紫、ブルー、黄緑、ピンク等、本当に豊かな色彩の美しい光の中に居ました。
 〈はつらつ元気教室〉で撮影された、実在の知抄の光の降下されているお写真の光景と重なって、火曜教室にも、このように知抄の光が降りて下さっていることを、本当に確信出来ました。
 地球上どこにもない、こんな凄い実在の知抄の光の威力の恩恵を頂き、人間進化できることに感謝を捧げ、この喜びを、人類を代表して、光の源へ届く雄叫びとなるよう、求め、切望し、歩みます。

2013年3月26日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈46〉光の目で見る  (O .C )さん拝

 いつもいつも、全き愛をありがとうございます。
 アカデミー教室(3/24)、蒲田教室(3/25)と、たくさんの光を浴びせて頂きました。本当に本当にありがとうございます。
 昨日、アカデミー教室の受付で、スタッフの方が、「こんにちは!」と、御挨拶して下さったとたんに、何が起こったのか判らなかったのですが、もう嬉しさが大爆発して、大声で笑ってしまいました。私自身もびっくり致しました。
 瞬間、知抄の光で照らして頂き、体が消えてなくなる程の光を浴びて、光へと引き上げられたことに、気付きました。まるでビッグバンのようだ − とも思いました。
 正面の台の上で〈光呼吸〉をすると、なぜか目を閉じると、まぶたの裏に赤い光(濃いローズ系)が、広がりました。以前からオーバーシャドーや、入静中にオレンジ、紫、白色等の光を見せて頂いておりました。この時の光は、私に強い確信を与える為に見せて下さったと、思っておりましたら、今日(月)の蒲田教室でも、実在の知抄の光を、見せて頂けたことが判りました。これが光に、私が成れた時の〈光の目で見る〉ことと、気付きました。
 いつもこのような、至れり尽くせりのご指導、有り難く、感謝のみです。そして、ここまで実在の知抄の光が判るまでに、地球が光になっていることも判りました。
 今日より、光と化した地球の、これが始めの一歩となりますよう、研鑽して参ります。伏して御礼申し上げます。嬉しいです。

2013年3月25日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈45〉幸せです!!   (G .N )さん拝

 ありがとうございます。
 はつらつ元気教室は、あたたかくて、時々居眠りしてしまいます。皆様の笑顔とお話から、のんびりとした穏やかな安らぎを一杯いただき、ありがたいです。93歳の私より若い近所の方々が、この冬、突然ものが握れなくなったり、腰を痛めたり、身体がこわばってきたりしております。私は何事もなく、元気にこうして動けるのが、とてもありがたいです。一人で歩け、娘と共に3時間ほど来るのにかかりますが、とても、教室は楽しいし、待ち遠しかったです。教室で見る光のお写真の中から、知抄の光から、そして毎日読む2巻の本は、1ページですが、本の中からも元気をいただき、命をいただき、ありがとうございます。
 お土産にいただいたお菓子が、とっても美味しいです。こうして、自分で美味しくいただけることが、とても幸せで嬉しいです。ありがとうございます。

2013年3月23日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈44〉知抄の光の方々へ   (K .M )さん拝

 大学生活の4年間、いつも守って下さり、私と共にいて下さって、本当にありがとうございます。
 3月19日に、無事に大学を卒業出来ました。幼稚園教諭一種免許状を取得することが出来ました。本当にありがとうございます。
 そして、魂の光輝への道しるべ、智超法秘伝の〈高級内丹静功法〉という、智超法気功の最奥義を四ッ谷教室で、学ばせて頂いたことは、これからの私の人生行路を必ず照らして下さることでしょう。
 東京でのアルバイトをしている時も、「知抄の光、私と共に居て下さい」と、お願いすると、知抄の光の方々が、実在として共に居て下さっていたことが、今、振り返るとよくわかりました。4月からは、社会人として郷里で、お仕事に踏み出しますが、もっと熱き思いで、魂の奥に在られる知抄の光を瞬間、求め求めて、人間進化の光の道を、光の源目指して歩みます。
 横浜未来ホールで開催される、4月29日のセミナーには、〈ご遠方の方〉として、両親と共に参加させて頂きます。楽しみにしております。

2013年3月21日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈43〉光と共に元気はつらつです   (M .A )さん拝

 3月23日(土)に、サロンへ伺う途中、新百合ヶ丘で、電車に乗り換え、空いた席に座ったところ、私の後から乗車された年配の女性が、空席を探す様子だったので、「どうぞ、おかけ下さい」と、立ち上がりましたら、私の隣に幼児を座らせていた女性が、「こちらへどうぞ」と、子供さんを膝の上へ乗せ、席を空けて下さいました。
 そのとき、見えたわけではございませんが、ふわっとピンクの知抄の光が、降りて下さった様に感じました。町田に着いて、子供を抱っこした女性が、降りようとベビーカーを開いて、子供さんを乗せようとしたので、混んだ車内では!、と思い、私が持って降りるのを手伝い、人の少ない空間にベビーカーを置いて、「ここでね」と言い、行こうとしましたら、私のとなりに座ったあの年配のご婦人も降りてこられ、「ありがとう」と言われました。「おいくつですか?」と聞かれたので、「74才です」と、申し上げますと、私と同じ年頃なのに、若くて、お元気ですね、と微笑まれました。 嬉しいやら、面映ゆい気持ちでございました。
 なにかほのぼのした、すがすがしいふれあいの一コマを戴きました。
 魂の光と共に、光の源に在られる、知抄の光に喜び、賛美、感謝を捧げました。

2013年3月21日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈42〉朱と黄金の光の教室   (Y .J )さん拝

 今日、2013年3月10日、アカデミー教室のビデオを、少しだけ見せて頂きました。教室内に朱と黄金の嵐が吹き、黄金に染まり、そして、そこに居る多くの人々を、強い朱の光の世界に同化させる威力、実在する知抄の光に畏れを……。只々畏れを……。
 もの凄いことに、地球が今、本当に変わっていることを認識させられました。
 見ているうちに、胸が、全身がはじけるように熱くなり、頭も真新になりました。
 喜びが増して、平伏し、感謝のみになりました。もう知抄の光を信じ、魂の光を自由に解放していただくために、全てを投げ出し、光の地球に同化できるよう、研鑽します。まだ、実感がありません。でも夢ではなく、実在の知抄の光で、統一された地球にあることだけは、確信となりました。
 本当にありがとうございます。

2013年3月16日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


   〈41〉幸せで嬉しいです   (U .H )さん拝

 今日、〈水曜〉 蒲田産経の教室がありました。その帰り道、生まれて初めて、次の教室が待ち遠しく、楽しみのような感じが湧いてきて、今もこの気持ちが持続しています。
 何も持っていなくて、それで全て良くて、前へ前へと魂の光と共に魂の奥へ奥へと、本当に喜びと賛美と感謝で、光の地球の核にある救い主 知抄の実在の光に全てを委ね、寄り添えば良いことが、実感として判りました。
 本当にありがとうございます。嬉しくって幸せです。
 先日の土曜日に、サロンで〈心配しなくても仕事はどんどん来ます〉と、スタッフのお方にアドバイス頂いておりました。早速来ました。ありがとうございます。
 また、その帰り道、私はかなりの花粉症なのですが、1回もこの時期に花粉の症状が出ませんでした。もう本当に幸せで、幸せで嬉しいです。脇目をしないで、魂の光輝を求め、私自身がより輝きを増して、知抄の光の威力の恩恵を求め、一呼吸一呼吸、光呼吸を実践し、熱き思いで、知抄の光を死守し、共に歩みます。

2013年3月13日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈40〉金粉が両手に出ました   (A .M )さん拝

 3月9日、201サロンで見たことも聞いたこともない、もの凄いビデオと光の実在の証しのお写真を見て、私は本当に変わりました。
 夜中からずっと汗をかく程、知抄の光で満たされ朝を迎えました。
 今日は、起きたときから胸が温かく、偉大なる救い主知抄の光を守り抜く決断をして、喜びの中にいましたら、手のひらに細かい金粉が光っていました。ありがとうございます。
 そして、日曜日の3月10日、横浜アカデミー教室に出席しますと、未公開の実在する、知抄の光輝く3枚のお写真を見る機会を頂きました。人間の姿が黄金と朱色の中に、ピンクのシルエットで同化しているお写真を見ているだけで胸が温かく、もう感謝以外何もありませんでした。もっともっと知抄の光を魂でお迎えし、もっと輝きたいと思いました。
 光と化した地球に全ての人類が、住まわせて頂けるよう、今がとても大切な時と思いました。智超法秘伝の光呼吸・数え宇多・雄叫びを常に実践して輝きます。横浜有隣堂に寄り、ベストテン1位を見ながら、ご本を知人に差し上げようと購入しました。そして、帰りに201サロンに入室すると、なんとすでに黄金の光がお待ち下さり、私は朱の色に染まり、両手に金粉がキラリと見えました。身も心も綺麗に明るくなってきて、嬉しかったです。

2013年3月11日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈39〉地球を救う知抄の光の威力   (K .S )さん拝

 3月9日(第2土曜日)第1回〈地球を救う 光人〉研鑽講座に参加させて頂きまして、本当にありがとうございました。
 アカデミー教室、201サロン、12月24日岩間ホール・セミナーでの数々の、かつて人類が目にしたことのない、実在する知抄の光の降下された光のお写真のみならず、201サロンで、黄金の光の中で〈光そのもの〉に変容している人間の姿に、そして、2月10日セミナーのビデオ等を存分に見せて頂き、もう言葉がありませんでした。
 朱と黄金の知抄の光の威力に、その実在の光に、圧倒され、畏れのあまり思わず私は、小さく小さくかしこまって座り直しました。光の降下されている、お写真とビデオの中に、朱と黄金の光の帳の中に同化している私の姿を見つけて、本当に驚きました。私が、光の中にすっぽりと溶け込んでいるのでした。目鼻も顔の輪郭すらも消えて、ピンク色の中にシルエットだけで、光の姿に変容しているのでした。
 知抄の光の威力で、ここまで光に引き上げて頂いていることに、喜びと感謝で、ありがとうございます以外、何も言う言葉がございません。そして、もう人間をやっておれないこと、ここまで地球が光と化している事実が、本当に判りました。自力救済であることもよく判りました。智超法秘伝の光呼吸と雄叫びの特訓によって、光の地球を救い主 知抄の光の威力と共に〈光そのもの〉に成って、光の地球に適応する強い覚悟と自覚がわき出てきました。知抄の光は、実在の光と言われて、知ったつもりでいましたが、今日は、本当にあまりにも偉大な、実在の光を見たせいか畏れを感じます。光の地球にいる以上、救い主 知抄の光の威力に、もう平伏すしかないと思いました。委ねます。
 本当に凄い、地球上どこを探しても、こんなことはあり得ません。実在の光が、現実に降下している中で、光へと引き上げられる、この講座に参加させて頂きまして、もう感謝、感謝です。光になります。第1巻、第2巻のご本を何度も読み返します。〝本にして 本に非ず〝 一家に一冊、一人に一冊と言われる意味が、今日こそ判りました。研鑽します。来月も参加させて下さい。

2013年3月11日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈38〉人間進化の証   (I .J )さん拝

 〈地球を救う光人〉研鑽講座 第一回に参加させて頂く事が出来ました。ありがとうございます。
 当日、新横浜の駅に着くと、知抄先生がすぐ近くにいらっしゃるような感じがして、嬉しくて嬉しくて、魂がはしゃいでいるようでした。
 一時間の講座も、あっという間に終わってしまい、とても短く感じました。
 201サロンに公開された〈光の地球を証〉されたお写真も、教室に降下している知抄の光の威力のビデオも、もう言葉もないほどの、もの凄い光でした。教室を覆い尽くす赤い光の中で、発光している光人の方〈スタッフ〉の凄さにもびっくりしました。〈光そのもの〉に参加している全ての者が、光に同化して変容しているのでした。
 人間進化の証だ!!と思いました。
 これからも光の地球を、礎の光として、部位を担い、自らが光り輝くよう、研鑽して参ります。次回も京都よりはせ参じます。

2013年3月11日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈37〉   (Y .K )さん拝

 今日ルネサンスのお教室に参加させて頂き、ありがとうございます。
 本当に沢山の光をありがとうございます。
 三式も本当に嬉しく、また、入静の時には、どんどん光が満ちてきて、肉体の輪郭もなくなり、光と同化して行くように感じました。お教室の中も黄金の光に満ちていました。そして、瞬間瞬間、喜びと賛美と感謝が増して来ます。
 本当にありがとうございます。
 知抄の光に全てを委ね、実在する知抄の光と共にあり、光の地球に適応できるよう実践して行きます。

2013年2月20日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈36〉   (M .M )さん拝

 2月10日のセミナーの後、2,3日「地球が危ない、地球が危ない」と、何度か魂で感じていました。危険な事象が、いくつか起こりましたが、まさしく、人類の存亡、地球の存亡をかけて降臨されている、救い主知抄の光をしっかりと守れるよう研鑽致します。
 朝、目覚めと共に、新しい体現を毎日のように頂きましてありがとうございます。
 捉われないよう、一瞬ずつ生まれ変わるという意識を、強く持ちたいと思います。
 今日の月曜教室ありがとうございました。2月10日のセミナーで頂いた学びと今日頂いた学びが結びつき、自力救済が確信へと強まりました。軽やかに出来るよう、実践して参ります。
 2巻のご本は、本当に〈本〉ではないこと、〈文章〉ではないことが、読むたびに実感されます。もっともっと深く受け止め〈光そのもの〉になります。知抄の光を守り、光の地球に適応できるようになります。
 2月20日で退職ですが、実際の出勤日は、今日18日が最後でした。病気もしないでここまでこれたこと、感謝申し上げます。明日より、新しい生活です。どんなふうに、これから光の地球が進んでいくのか楽しみです。

2013年2月18日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈35〉   (T .K )さん拝

 今日、第3(日曜日)の神宮外苑のお教室に参加させて頂きました。
 昨日の第3土曜日に開催されたファミリー教室、そして今日と、二日も続けてお教室に参加することが出来、沢山の知抄の光を浴びて、本当にありがとうございました。
 昨年、出版された知抄先生の御著書を読了し、本当に魂の深いところ、根底を変えて頂いたことを実感致します。
 何があっても光の地球に適応出来るよう自らが、自らの決断で、光と共にある自力救済の覚悟と確信、そして、勇気を注ぎこんでくださったように思います。ただただ、魂の奥に降臨されある、知抄の光に平伏し、感謝の気持ちがあふれてきます。
 光と化した地球、知抄の光を求めれば、本当に私達人類を引き上げて下さいます。
 喜びと賛美と感謝で、この地球に適応できるよう、私自身も魂の光輝を目指します。

2013年2月17日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈34〉   (I .K )さん拝

 今日、高級内丹静功法の〈智超法気功〉教室に出させて頂きました。朝から伺うのが待ちきれず、飛ぶように出かけて参りました。
 頭の先から足先まで、光を浴びせて頂いている感覚を実感し、心を楽にして頂きながら、動功をさせて頂きました。身体中の力が抜け切ったように軽くなり、瞑想で光の玉を回していく内、丹田からの熱さが全身に満ち渡り、全てを委ねました。時間も頭をよぎるものも身体の重力もなく、頭の上の前方に、天使のような可愛らしいお方が現れて先導されました。私の下には、若草色と金色のきれいな景色が広がり、自由に嬉しく楽しく、私は浮遊しているようで、気持ち良く、ここへこのままで、ずっといたい−と、思いました。
 知抄の光は、実在する光であり、大きな大きな偉大な愛そのものです。光と化した地球、魂の光を求め、自らが光そのものになれるよう研鑽致します。

2013年2月17日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈33〉   (Y .K )さん拝

 今日は、ファミリー教室 本当にありがとうございました。子供達の笑い声や、自由に駆け回る足音に囲まれ、本当に楽しいお教室でした。
 2月10日以降、地球上に降り注いだ知抄の光の玉がわれて、こうして全員で、喜びと賛美と感謝で雄叫びをあげていると、知抄の光がどんどんと地球全土に光の源の生命の源から注ぎ、浴びせられて深くしみこんで行くようでした。
 この渦を巻くような知抄の光の中にいさせて頂くと、本当に自らの実行実践が足りず、光の地球に全然ついていけていないことが、よく見て、今の自分の事を実感として良く判りました。
 知抄の光に全てを委ね、肉体を出る決断を瞬間瞬間、出来るよう実践していきます。
 ロシアに隕石が落ちるという考えられない事が起きました。人類の存亡、地球の存亡をかけて、知抄の光は、降臨されておられます。光と共に過ごせるよう、実践してゆきます。実在する救い主、知抄の光の威力と恩恵に感謝を捧げます。

2013年2月16日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈32〉   (Y .M )さん拝

 アルツハイマーになった私の姉は、1月10日出血性脳梗塞で入院しました。
 お見舞いに行っても私の事が判らず、ずっと独り言を言い続けていました。私が姉の頭に手を当て、知抄の光を叫び続けておりますと、段々静かになって、眠りにつきました。それを見ていた義理の兄と夫が、「知抄の光って凄いんだね!」と、驚いていました。
 2月になってリハビリ室で、姉は機嫌が悪く、担当の方が困っておられました。私は、横になっていた姉の頭に手を置いて、智超法秘伝の数え宇多をうたいました。すると姉の顔は、みるみる穏やかに優しく変わりました。スタッフの方が、「え−、どうしてこんなに穏やかになったの?」と、聞きますので、「数え宇多をうたったんです」と、言いますと、「今度、私にも教えて下さい」と、言われました。
 2月13日に、病院へ、数え宇多のCDを差し上げることが出来ました。
 その次の日、兄より電話があり、「今日、病院のリハビリ室に行ったら、なんと幸せを呼ぶとか言っていたあの数え宇多のCDが流れていたので、ビックリした」と、嬉しそうに話してくれました。
 そして、姉の病状も快方に向かい、少しづつ話が出来るようになって来ています。
 知抄の光の威力の恩恵です。
 喜びと賛美と感謝です。ありがとうございます。

2013年2月16日



〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜