〈112〉娘と〈新教室〉で共に学ぶ (M.S)さん拝

 新開講の横浜マナマナ産経のお教室、素晴らしかったです。車でスーイスーイと行けました。ありがとうございました。
 白いマットがまぶしく輝いて、室内は、白金に輝いていました。〈光人〉のお声は、天上界からのお声であり、セミナー会場に居るような心地でした。2才の娘もとてもはしゃいで、昨日は、〈数え宇多〉を長くごきげんでうたっていました。喜び、賛美、感謝があふれる光の源へ、どんどん進んで行けたように思います。
 建物自体も、子供に優しく、利用し易いうえ、きれいで、とても気持ちが良いです。
 カリキュラムの長さも、子供と共に学ぶには、あっているように感じました。
 あらたな学び場で、心機一転、親子で学ベることは、本当にありがたいです。
 知抄先生のご著書と併せて、実践につなげながら、〈光そのもの〉になって、光の地球に同化し、進化への歩みに、本腰入れての覚悟を頂きました。

2014年3月4日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈111〉自転車で〈新教室〉へひとっ走り (N.T)さん拝

 いつも、温もりのある、穏やかな、光の源〈生命の光〉をありがとうございます。今日の横浜マナマナ産経学園、初日のお教室は、喜びと賛美と感謝で凄いお教室でした。
 新しく、綺麗で、天井が高く、気持ちの良い、白いお部屋は、さらに白く、輝いて見え、まるで別世界でした。
 言葉瞑想の〈光人〉の言葉(ことは)の響きがとても綺麗に響き、楽器を奏でているように、心地よく魂に入って来て、喜びと感謝が魂の奥からあふれ出ました。
 可愛らしい幼子たちも来られて、一緒に幸せを呼ぶ〈数え宇多〉をうたい、喜びと賛美と感謝に満ちる、知抄の光の帳の中で、みんな嬉しく楽しく〈光に成って〉、新しい光の地球に同化することができました。
 今日は、自転車で地図を見ながら来てみました。途中、地図では判らなかった峠が、鶴見川を渡って、一つありました。先週甘くなっていたブレーキ調整を思いつき、直していたのが功を奏し、下り坂も安全に、快適に走ることができました。普段したこともないのに、何とこのタイミングの良さに〈光そのもの〉に成って、光のご意思と共に在ったことを、判らせて頂いた次第です。すべて良き方向へと、幸せを下さる知抄の光に感謝あるのみです。
 これからも、一瞬一瞬、光への行きつ戻りつを、実践して光生命体として、楽しく嬉しくついて参ります。

2014年3月3日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈110〉祝 新教室 横浜マナマナ産経学園 (S.Y)さん拝

 今日は、家から近い横浜マナマナ産経学園の新教室の開講、とても素晴らしく、ありがとうございました。
 広いショッピングモールの奥、今までのカルチャースクールの学び場と異なり、落ち着いた静かなホテルのようでした。
 そして、お教室に入ったとたん、知らない土地で迷いながらたどり着いた、1995年開催されたニューヨークの写真展の会場のように、スーッとした清涼感に包まれ、異次元の別世界を感じました。とても良い学び場を与えて頂き、ありがとうございました。
 子供がくつろげるキッズルームも、広々としていて、ソファーが並び、積み木、絵本、テレビ、ミネラルウォーターも備え付けてありました。その部屋に、3才の子供は気を取られるところでしたが、長時間お教室に共に居ることが出来、私はこの事が有り難く、感謝でいっぱいです。
 智超教室が終わる頃には、ありがたくてありがたくて、感動の涙があふれました。子供と共に参加できる、至れり尽くせりの全き愛、ありがとうございました。
 安心して、子供と共に研鑽して参ります。新教室の開講おめでとうございます。

2014年3月3日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈109〉 今、幸せです!! (I.K)さん拝

 昨日は、〈智超法気功〉四ッ谷教室の、高級内丹静功法に参加させて頂き、ありがとうございます。
 鏡に映る、にこにこの嬉しい自分の顔を見て、思わず笑ってしまいました。全身に気が巡り、身も心も軽やかになりました。今、この瞬間から、〈知抄の光〉を死守して、〈光そのもの〉であると、強く決断しました。
 今日(日曜日)ですが、在宅している主人が、出かける時も、帰宅した際にも、優しく、暖かい声掛けをしてくれました。ほんとうに、私は幸せです。もっともっと、光輝いて、光を放って、参ります。
 本日、母を訪ねる為、電車をホームで待っていました。3巻のご本を広げた途端に、パーッと陽が射し始め、思わず手のひらを見たら、金粉がありました。嬉しくて嬉しくて、すごい威力に驚きました。車中もずっとご本を、読み続けたく、活字から目を離せませんでした。
 今日の母は、元気で、立ち上がりも歩行も順調で、ひな祭りのケーキも美味しそうに、たいらげました。椅子に座り、〈光の子 特訓講座〉で、教えていただいている、新しい〈智超法気功〉の実技を共にすることが出来ました。大きな声を出して、〈秘音〉入りのオーバーシャドウで邪気を払いました。母の顔は、みるみるうちに生気に満ちてきました。幸せを呼ぶ〈数え宇多〉を、何度もうたい、喜びと賛美と感謝の中に、母と共に過しました。幸せな日々をありがとうございます。

2014年3月3日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈108〉2013年 12月 23日
〈光に成ろう〉セミナーに参加して (S .T )さん拝

 光の階梯をまた一歩前進出来ましたこと、心より、喜びと賛美と感謝を申し上げます。
 今回もセミナー開始前から、たくさんの金粉が、会場のあちこちに湧いてくるように、床や絨毯の上に出現しておりました。この金粉は、物質であって、物質でないような、小さな光の妖精達によって、顕現されるのではないかと感じたのですが・・・・・・。本当に実在する知抄の光の証であることは確かで、今日もしっかりと、この目と魂で確認することが出来ました。
 舞台上に置かれた、十字の光の大パネルのお写真から燦然と放たれる光によって、救い主 知抄のご意思を顕現され、一体となってお話される〈光人〉の、魂に染み入る透明なお声、最先端の斬新な光から賜るお話の内容に、本当に全身全霊が打ち震えるような感動を覚えました。救い主 知抄の光で統一された光の源のご意思が、宇宙のご意思として地球に今あり、もう理論、理屈は全く通用しない時代になったのだという、確信が一層強まりました。ただ、知抄の光に委ねて、素直な心で、智超法秘伝を日常生活の中で実践、実行するだけで、光の地球に同化でき、全てがあるべくしてある、良き方向へと導かれるということを、今日のセミナーで、本当に魂の深いところから気付くことが出来ました。
 今まで、消極的で引っ込み思案な私の性格を、根本から変生させる時期が、待ったなしでやってきたことを自覚しました。特に、今日のプログラムの理論は、知抄の光からの英知の凄さを、より鮮明に証されたことに平伏す思いです。進行の中で、遺伝子による〈伝達〉の生物学で立証された一連の内容は、今迄すでに、受けとっていた知抄の光からの深い〈英知〉の証となりました。私の魂の光輝、真実の私が肉体までお出まし頂け、今度こそ智超法秘伝を24時間実践、実行する確信となりました。感情生命体から、光生命体になるぞ!の固い決意の気持ちが湧き上がっています。外に出たら景色までが、パッ−と明るく別世界に見えました。

2013年12月25日

〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈107〉2013年 12月 23日
〈光に成ろう〉セミナーに参加して (K .T )さん拝

 昨日の計り知れない偉大な尊いセミナー、誠にありがとうございました。
 光になる術も体験も開会から終了まで、プログラム全てで、自分が身に修め実践し続けるべきことを、わかりやすく具体的に教えて頂きました。ありがとうございます。
 開始前から、会場に現出して見せて頂いた様々な無数の金粉には、偉大な実在の光の愛を感じずにはいられませんでした。瞬間に花が開くような、喜びに、セミナー中に包んで頂きましたこと、ありがとうございます。
 〈知抄の光を魂に掲げる〉の時に舞台上で、雄叫びを上げさせて頂きました恩恵、その有り難さは深く深く身に沁み、無限に広がって行きました。本当にありがとうございます。(地球をお助け下さい)という、願いの雄叫びを上げることが、私の何よりの、今地上に存在する目的であることを痛感いたしました。
 本日12月24日のこの大切な日に、限りなき愛を与え続けて下さっている、偉大なる救い主 知抄の光に、平伏して感謝を捧げます。そして、地球の礎の光に必ずなります。救い主 知抄の光と共に歩みます。

2013年12月24日

〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈106〉2013年 12月 23日
〈光に成ろう〉セミナーに参加して (N .H )さん拝

 昨日は、返金されることなく、セミナーを受講させて頂き誠に有難う御座いました。伏して心より御礼申し上げます。
 あまりにも偉大な知抄の光の顕現で言葉もなく、喜びと賛美と感謝の中、地球全体が変容しているのが判りました。そして、会場は、あちらもこちらも金粉だらけになり、嬉しさがどんどん湧いて来て、喜びに満ちあふれました。これが、光の地球であることが、本当に、体感出来ました。
 これからは、本性の光に全てを投げ出し、シンプルに全てを委ねて参ります。
 そして、今まで私は、過去を振り返り自己評価ばかりしていたのですが、そんな暇があれば、知抄の光に雄叫びを上げることの気付きを頂きました。何度もお言葉を変えて教えて頂いていますが、何としても今、この基本中の基本をしっかりと身に修めたいと思いました。今日より実践していると、どんどん変容して喜びが溢れます。
 知抄の光、大きな愛を本当に有難う御座いました。
 知抄先生のご著書 Part1、2、3を読むだけでなく、本当に実行、実践致します。 

2013年12月24日

〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈105〉2013年 12月 23日
〈光に成ろう〉セミナーに参加して (A .K )さん拝

 昨日は、セミナーに参加させて頂き、本当にありがとうございました。
 本当にありがたい、私達ファミリーにとっては夢のような、貴重な時間でした。
 本当に本当に光と共にありたい、共に歩みたい、光になりたいと思いました。
 光と共にありたい。光と共にありたい。教えて頂いた事を実行、実践してまいります。必ず実践致します。幸せになりたいです。  光の源へ、私の古里である光の源へ向かって、光になって共に歩いて行きたいです。
 ありがとうございました。あちこちに金粉がありました。本当に嬉しいセミナーでした。喜び、賛美、感謝を捧げます。そして、喜び、賛美、感謝で光の地球に和して過ごします。

2013年12月24日

〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈104〉2013年 12月 23日
〈光に成ろう〉セミナーに参加して (W .K )さん拝

 昨日は、「実在する知抄の光と共に〈光に成ろう〉セミナー」に参加させて頂き、ありがとうございました。
 今回のセミナーでは、日常生活で毎瞬毎瞬、光を死守することが出来ていない私どもに、より具体的な指針をお示し下さり、目からうろこの気付きを、たくさん賜ることができました。ありがとうございます。
 私は、今までのセミナーでは、一言一句聞き逃すまいと気負って、魂よりも頭の活動のほうが、活発化してしまうことが多かったと思います。今回はとにかく、寝てしまってもよいから、3次元の肉体の頭には、お休みいただき、本当の私である、魂の光に出ていただこうという決意でいました。その甲斐あってか、場内が黄金の光でおぼろげに霞み、舞台上の十字の光のお写真が、今までと違う印象を受けました。
 帰り際に、大きな金粉を見つけ、一つ持ち帰らせていただき、携帯のカメラでズームにしてみました。驚いたことに、雪の結晶と同じような綺麗な六角形をしていました。このような、微細な加工を人為的に施すことは、到底不可能と思います。今更ながらに、〈知抄の光〉が、実在である確信が一層深まりました。

2013年12月23日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈103〉2013年 12月 23日
〈光に成ろう〉セミナーに参加して (S .H )さん拝

 本日は、〈光に成ろう〉セミナー開催ありがとうございました。
 このセミナー開催によって、人類が、日本列島が、地球が、どれほど光に引き上げられ、救われることになるか計り知れません。
 会場設営は、光と共に行われ、和やかな雰囲気の中で進められ、あっという間に準備が出来ていました。そして客席から、舞台に行く通路には、金粉が出現していて、そこかしこでキラキラと輝いていました。これから始まるセミナーにワクワクしながら、〈光そのもの〉となって、喜びの中にいました。
 プログラムが始まり、会場中央のビデオカメラのモニターには、舞台でお話される方の姿が、真っ白に光って、〈光そのもの〉に成っている様子が、映し出されていました。
 プログラムの〈知抄の光を魂に掲げる〉では、舞台に上がらせていただきました。瞬間、舞台全体が明るくなり、喜びが込み上げ、身も心も軽くなりました。この雄叫びは、どんどん地球全土へ伝わって行くように感じました。
 そして、頭頂の百会から、光が注がれて、全身が熱くなり、感動に打ち震え、喜びが感謝の涙があふれ、光の帳にいることを実感することが出来ました。

2013年12月23日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈102〉2013年 12月 23日
〈光に成ろう〉セミナーに参加して (W .T )さん拝

 いつもありがとうございます。
 〈光に成ろう〉セミナーを開催していただきまして、ありがとうございます。 今日は、セミナー開催前の準備段階から金粉が出現するという本当に凄いセミナーでした。日本列島を、そして、地球を光で統一する重大な〈光の山場〉を乗り越えることが出来たように思います。
 また、今回も舞台上に上がることができ、ありがとうございました。魂の奥へ奥へと雄叫びをあげておりますと、どんどん嬉しさが込み上げて来て、もうこれ以上の喜びはないと、歓喜の涙があふれました。同時に身体の奥底から力が漲ってきて、やるぞ、やるぞという思いで一杯になりました。
 本当にこれまで、光の子としての自覚もなく、心のどこかで、地球の礎としての確信に揺らぎがあったと思います。
 今日こそ、光の子として、私自身がやらねばならないことが、確信となりました。この確信を決して忘れることなく、知抄先生の底知れない深い愛に応えるためにも〈大地を受け継ぐ者として〉の使命遂行に邁進します。
 そして以前、知抄先生から、〈光に委ねるだけです〉と、ご指導いただきましたが、〈委ねるだけ〉の、こんな単純なことさえも、本当に今まで実践出来ていなかったことに、気付かせていただきました。
これよりシンプルに生き様を変え、〈光そのもの〉に成って、光の道をまっしぐらに光の源に向かい、前進する覚悟です。

2013年12月23日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈101〉2013年 12月 23日
〈光に成ろう〉セミナーに参加して (S .F )さん拝

 セミナーでは、特に、〈知抄の光を魂に掲げる〉で、雄叫びをあげるたびに、嬉しさと喜びがふくれあがり、湧き上がり、最後の方では、魂の光が知抄の光を叫んでいる様な実感を体験することが出来ました。自分の魂の光が知抄の光によってお出まし下さった体感に、確信を新しく得ることが出来ました。私自身が光に成ることが、知抄の光を守ることになることを、胸の奥底からの叫びを聞きました。
 光となって生きる事は、幸せを約束されているようで、地球全土に、宇宙に向かって叫んでいた様な気がします。それが嬉しくて、終わった時は、涙が出てきました。
 今回は始まる前から金粉が現出していました。ビデオを設置した場所では、前回の終了の時のようにピンク、シルバー、金色の金粉を見ることができました。知抄の光の方々が、万全の用意をして今にあることが良くわかりました。
 光人、光の子、使命遂行者は、本当に地球存亡を担っているのが、より鮮明となってまいりました。そして、光の子が24時間〈光生命体〉でいることによって、光の地球の礎であることが、より明白になったような気がします。この12月23日セミナー終了後からは、一瞬でも光から目をそらすと、すぐに肉体に戻っているのが判ります。知らない間に地球の闇に引き込まれ、私の肉体生命体は、一瞬の光と闇の攻防の中で、より厳しさが増しております。
 知抄の光を知ることで、一人でも多くの方が、光へと引き上げられ、光の地球に同化して歩めるよう、24時間、〈光生命体〉となって、日常生活の中で、光を放ちます。

2013年12月23日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈100〉2013年 12月 23日
〈光に成ろう〉セミナーに参加して (T .M )さん拝

 本当に感動と感謝でした。
 金粉が私の手にもたくさん、お隣の方の手にもたくさん、床にも赤い絨毯の上にも金粉がたくさんありました。この会場で見られる金粉は、クリスマスイブ前夜の、粋な実在の光の方々からの、お計らいかなと思いました。”救い主 知抄の光 暗黒の地球をお救い下さい”と、参加者全員が一体と成って、雄叫びをあげさせて頂きました。
 知抄先生の大きな愛により、ここまで光へと引き上げられてお連れいただき、こうして雄叫びをあげさせていただくことが出来るまでになりました。本当に、私にとっては奇跡です。感謝、感謝申し上げます。 
 終了後、壇上に上がらせていただき、光のお写真を見せていただきました。十字の光のお写真を見ていると、光の剣を抜け! 光の剣を抜け!というお言葉が浮かんできました。
 本当に、感動でした。
 万金をいくら積んだとしても、人間が光次元に入れて頂けるセミナーは、世界中どこにもないことが、本当に今日は判ったと思いました。人間の私がここまで、瞬間、光を受け止め、ついて来れたこの恩恵に、感謝、感謝で平伏し、喜びだけでした。
 これからは、自分事の感動と喜びだけではなく、本当に地球の為、日本列島の為、人の為に、私自身が光になり、進化せねばならないと思いました。

2013年12月23日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈99〉 Part3のご本は壮大な叙事詩!! (Y .K )さん拝

 今日は四ッ谷午後教室、201サロン入室有難う御座いました。
 光の源の大計画Part3の御本が発刊され、それを新宿紀伊國屋本店で手にしたとき、頭頂から涼やかな風が入ってくる感じと共に、胸が熱くなりました。冒頭の ”本にして 本に非ず”とは、正にこの事だと思いました。
 15日、朝、朝日新聞の第一面を目にした時、下段の本の広告の一つが ”これが、見えぬか”とでも言うように
”新人類の生誕”のタイトルを際立たせていました。まるで、水戸黄門の印籠の様だと、思ったものでした。今、このときにPart3のご本を発刊していただき、天下に向けて地球光化の〈事実を証〉された事は、人類にとって大いなる幸いです。Part1、Part2についても思ったものですが、このご本は、それこそ次元を超えた、人間存在そのものを問う壮大な叙事詩であると思います。有難う御座いました。 

2013年11月17日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈98〉光の源の大計画Part3を拝読しました(T .N )さん拝

 四ッ谷午前教室、本当に有難うございました。
 光次元を肉眼で好きな時に見ることが出来る、何とも素晴らしい御本を拝読してから、大きく変わったことが日に日に顕著になり、実技の時も〈この感覚が、御本に載っていたことか!〉とか細胞が立ち上がって、光に成り、自分の知らないインナーマッスルの箇所まで、光に成るのを感じるという、素晴らしい体験を致しております。
 〈はつらつ元気教室〉で、目が〈ドックンドックンするまで〜、〉と、ご指導頂いていた言葉が、やっと判った様に思います。伏して、喜び賛美感謝を捧げます。

2013年11月17日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈97〉 Part3は ”本にして本に非ず”(K .E )さん拝

 いつもいつも、ありがとうございます。
 Part3の御本を手にすることが出来て、ただただ、ありがたく、感謝いたします。
 どんなにすごいことか、何といったらよいかわかりません。
 本当にまさに〈本にして 本に非ず〉なのです。
 読み終わって、次にパッと本を開いたら、☆私の自力救済☆というページでした。
 この項目を私もしっかりやらなくてはということでしょう。
 今日も一日、お守りくださいまして、ありがとうございます。数え宇多のCDを聞きながら、一日を終えます。本当に本当にありがとうございます。

2013年11月9日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈96〉私の人生は、なんと素晴らしいのでしょう(S.S)さん拝

 いつもありがとうございます。今日のお教室では、瞑想中に丹田が暖かくなり、百会からものすごく強い光が入り、頭の中が光で眩しくなりました。そして、全く別人のように真っ白なりました。光の地球に適応できるように、ここまで、私を導いて下さいましたことに、感謝致します。人間智を出す度に、光から肉体に戻り、はっと気付くと, また、〈光そのもの〉になって、光のリズムに乗れるまでにして頂けました。
 今、新しいPart3の御本を読んでいます。不思議と、あらかじめ知っていた内容のように、思えるのでした。出版に関わっていないはずなのに、どうして、判っているのか不思議ですが、魂は、いつも知抄の光の水辺に在るからと思いました。
 知抄の光に導かれて、こうして年を重ねゆく私の人生は、なんと素晴らしいのでしょう。私が銀色に見えていたのは、金色だったことが、お写真を見て判りました。本当にありがとうございました。

2013年11月9日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈95〉 Part3の読了感 (S .A )さん拝

 知球暦 光四年 知の時代の到来〈新人類の生誕〉の御本の出版、おめでとうございます。そして、ありがとうございます。
 大阪梅田の紀伊國屋書店で、沢山平積みされており、スムーズに購入させて頂くことが出来ました。
 カバーデザインの黄金色がとても美しいです。そして、真紅の帯の、生きた実在する知抄の光が降臨されている、黄金と色とりどりの色彩に彩られた、サロン(201)のお写真を見て、もう説明する言葉は、要らないのだと思いました。
 巻頭の、サロン(201)、セミナー会場、そして、アカデミー教室のお写真には、言葉もありませんでした。こうして、手にとって見せて頂くだけで、〈光そのもの〉になれることの恩恵に、感謝を捧げます。
 最初は、嬉しく、楽しく、嬉々として読み始めました。次第に、頭を垂れ、平伏さずには、いられない気持ちになり、平伏し、平伏し、光の言葉を魂に刻みながら、読み進めました。読んでいる間、手のひらに小さな金粉をいくつか見つけました。
 そして、知抄の光の実在の存在が、共にいてくださることへの、畏れを感じました。敬虔な気持ちになり、ただならぬ、今の地球の状態を改めて感じました。
 御本を読ませて頂いてからは、毎日が、全く新しい一瞬の積み重ねで、とても新鮮で、新しい気付きがあり、こだわりがなくなりました。
 この一瞬も、次の一瞬も、知抄の光を求めて、求めて、三次元の肉体から、抜け出して、〈光生命体〉となって、嬉しく、楽しく、歌い踊るように、光を振りまきながら、毎日を過ごします。
 どうもありがとうございました。  

2013年11月5日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜



〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈94〉 知抄の光にゆだねるだけ (M .K )さん拝

 知抄先生、今日は201サロン第1(土)講座の前、長い時間、尊いご指導をサロンドルミエールで、瞑想時に賜りまして、ありがとうございました。
 本当に一瞬一瞬、魂の奥に向かって、頭を垂れ、「救い主 知抄の光 暗黒の地球をお救い下さい」の雄叫びと共に、光の源に向かい続けるしかないことを思い知りました。本当に、頂いた〈ことは〉が、光からのメッセージであり、人間にとっては叡智の宝であり、次の瞬間 実践する為の糧でした。この恩恵を自らの存亡がかかっている今、毎瞬、毎秒〈光そのもの〉として、在り続けるしかないとの思いをしっかりと、魂に刻みました。
 移動する時、外を見ると、信じられないくらい良いお天気で、予報とも全く違い、まるで、日頃 自分が観念的に実践したつもりになっていて、「大変だ、大変だ」と、世界中から暗雲たれこめるヤミを、次から次へと呼び寄せていたのではないか−と。
 光の子であると思い込み、一歩も前へ進まず〈光そのもの〉であると、これで良いと思い上がっていたことに気付き、愕然としました。光の地球で、光の子として在るなら、本当に自覚と共に、光そのものとなって、確立してなければ使命遂行を果たせないことを痛感致しました。
 201サロンは、皆さんがあまりにも嬉しそうに、そして、信じられないくらい自然体でおられるので、本当にびっくりしました。「自分は、こんな風に今迄、光に同化していただろうか」と、思いました。日常の実行が留まっていたことに、気付かされました。
 本当に、人間の私がしていることは、一つひとつ、救い主 知抄の光に捧げ、ゆだね、まっさらにしていただく以外、光の地球ではおぼれるだけで、毎瞬の一呼吸すら出来ないこと、今日こそ思い知りました。光の道は、白紙の道、何も持たず、全てを投げ出し、光と共に歩むこと実践致します。瞬間の今、全てを投げ出して、即よみがえり、新しい自分に再生して、知抄の光にゆだね共に歩みます。

2013年6月3日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈93〉母と共に数え宇多をうたえば (I .K )さん拝

 土曜日に、ホームに居る母を訪ねましたら、元気に夕食準備、洗い物や人参を一生懸命切っていました。スタッフにささやかれ、私の姿を見つけ、ニコニコ顔で迎えてくれました。母が笑顔で元気に過ごしていてくれることは、どんなにか私にとって、安堵感と喜びを、与えてくれていることかを実感しました。母と共にいる間中、大声で数え宇多を2人でうたい、ピカピカになって笑っていました。
 帰宅しますと主人から「あなたみたいに、いつもニコニコ笑っていると楽しいけれど、最近なんでみんな笑いを忘れて、こわーい顔をしているんだろうネ?」と、突然言われました。自分では、よくわかりませんが、普段、笑顔でいることが、自然に出来るようになってきていて、主人がこんなに喜んでいることを知り、驚き、嬉しくなりました。
 知抄の光と共にあると、私のみならず、周囲も和み、どんどん安らいでいくことを、教えて頂いた一日でした。
 24時間、知抄の光を、魂に掲げ、光に全てを委ね、智超法秘伝を駆使し、いつでもどこでも、光を受け止め、〈光そのもの〉になって、喜び、賛美、感謝で過ごします。

2013年5月27日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈92〉アカデミー講座の恩恵 (K .Y )さん拝

 本当にどれほど、深くあたたかく、永遠なる愛を頂き続けているか、今日、アカデミー教室に参加し、もう感謝感謝で平伏す思いでした。
 今日の学びはどれもすべて、自分に該当していて、恥ずかしくもありました。それでも、〈光へ来い、ここまでついて来い〉と、鼓舞していただいていることを感じ、こんなにも何度も何度も丁寧に教えて下さることが、うれしくてありがたくて、感謝の思いがあふれました。
 何度でも読めるように、プリントにしてまで、落ちこぼれの私たちを、お見捨てになさらず、光へと誘って下さることに対して、本当にしっかり、〈やるぞ!!光そのものに成るぞ〉−と。光の地球に同化していく強い決断で、実践を決意しました。
 本当に今日もアカデミー講座を開いて下さり、この1回のチャンスがどれほど、ありがたい、もの凄い〈光そのものに同化させて頂ける〉お教室か、参加させていただくことが、奇跡であることに改めて深く、御礼、感謝申し上げます。

2013年5月26日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈91〉思考の闇の認識 (M .A )さん拝

 最近、人間の思考の闇が私を含め、人類、そして地球全てに、ダメージを与えること、今更ながらはっきり理解出来ました。
 光に気づかない三次元の人々の闇は、それほどの打撃は被らないようですが、〈光そのもの〉になれるまでになっている方が、人間に戻ると、地球上の闇がすべて集まって、乗っかってくることを、以前からお教え頂いていましたが、ようやくやっと、地球の闇のその深刻さが、判る光の旅路に、今私が、在ることに気づきました。
 地球を救う〈大地を受け継ぐ使命〉を担う光の子は、〈光そのもの〉でいないと、地上の闇を一挙に、救い主
知抄様にかぶせてしまうこと、本当に今迄の無恥を、お詫び申し上げます。まずは〈光そのもの〉になって、〈救い主 知抄の光 暗黒の地球をお救い下さい〉−と、一瞬一呼吸を、おろそかにせず、地球を丸ごと捧げ、光の源へ届くまで叫びをあげて、瞬間、瞬間押し寄せてくる闇を、光に変えて参ります。

2013年5月26日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜



〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈90〉智超法秘伝は正確に実践します (K .M )さん拝

 本日もアカデミー教室に参加させていただき、また非常に重要なお話と資料をいただき、ありがとうございました。これからは、初めから201サロンへ入室条件が未達とあきらめず、日常で知抄の光を死守し、光そのものになれるように実践して参ります。
 光呼吸では、壇上に上がった瞬間、胸の奥がもの凄く熱くなりました。そして、これまでの光呼吸は、自己流であったことに気づきました。これまでは、”光を採り入れ”の際に、智超法気功1式目のオーバーシャドウで、百会から光を採り入れる意識と、混同しておりました。光呼吸は、胸の奥の〈本性の光〉が自由に解放されるように、救い主、知抄の光の威力を賜り、光を採り入れる事だと、気づかされました。奇しくも、今日のお教室の最初のお話で、実践は正確に、自己流にならないようにとの、お話があったばかりでした。
 今度は、智超法秘伝を自己流にならないよう、2巻のご本を読み返しながら、正確に本の通りを、実践するようにしてまいります。

2013年5月26日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈89〉四ッ谷〈智超法気功〉教室にて (T .H )さん拝

 今日の四ッ谷午後の高級内丹静功法の教室は、開始前から、黄金の光の帳に包まれながら、光のお写真を拝見させて頂きました。瞬間で喜びで満たされ、〈光そのもの〉へと、変容させて頂きました。4月29日のセミナーで公開された、光のお写真にも増して、黄金の光で統一された光場の教室で光を浴びて、同化させていただいていることを、誰もが確信として、受け止める事が出来ました。
 その中に於いて、あるがままを素直に受け止められる方から、光へと導かれている事への証を、目の前で見れる学びでもあります。この恩恵の偉大さに自然に光になる階梯で、頭を下げ感謝を捧げるようになり、各人の個性により、〈知抄の光にゆだねる〉確信を深め、更に輝きを増して行くことが顕らかになりました。
 何年もこうして、私たち〈光の子〉を黙々と、〈地球浄化の礎の光〉として、育んで来られた知抄先生に、万感の思いを込めて、感謝を捧げます。
 地球存亡、人類存亡とは、自らの存亡であることが、今こそ全細胞で判るまでになりました。思い返せば20年の歳月が、小さな小さな積み重ねが足蹟として、光の地球に刻まれてきたことに、今、感無量の思いが致します。
 いよいよ地球を救う〈光の子〉の使命〈大地を受け継ぐ者〉として、知抄の光を死守し、地球全土へ光りを放ちます。

2013年5月20日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜


〈88〉美しく若返りました (S .H )さん拝

 4月29日のセミナーを終えて、初めて、光場である、 201サロンへ行かせて頂きました。前日の夜から、もう嬉しくて、ワクワクしながら、入室させて頂きました。
壁に、公開されているお手紙を見つけました。全て一枚一枚の文字や絵が、完璧な美しさで、光の輪を放ち、そこだけ、霞がかかっているのには、驚かされました。
 入室したとき、私は、初入園児のような気持ちになり、幼子になっていました。何の捉われも無くて、ただ、嬉しく、楽しく、おだやかで、平和でした。〈ありがとうございました〉の思いが、鮮明になり、思わず感謝が湧き出て、頭を下げました。「ありがとうございます。ありがとうございます。」−と、身も心も低く低くするしかありませんでした。
 鏡をのぞくと、私の顔が真っ白で若返り、美しくなっているのです。15歳も20歳も若返っている別人の私が、見えるのです。実在する知抄の光の光場、201サロンの威力を見せつけられました。コツコツこれより学んだことを実行し続けて、加齢に負けない身体を作っていきます。

2013年5月5日


〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜○〜